ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意

《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意

アウレーリオ判事(Carlos Alves Moura)

 最高裁のマルコ・アウレーリオ・メロ判事は17日、ボルソナロ大統領が最高裁から命じられていた、「連邦警察への介入疑惑」に関する供述の期限を、大法廷での審理後に延期し、審理までは捜査も差し止めさせる命令を出した。これは、大統領がどのような形で供述を行うかを最高裁内部で審理・決定するためだ。17、18日付現地紙、サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ