ホーム | ブラジル国内ニュース | PSDB=新たな収賄工作疑惑浮上=高速道建設に関し18年間も?

PSDB=新たな収賄工作疑惑浮上=高速道建設に関し18年間も?

 アンシエッタ/イミグランテス高速道の建設運営を行った企業エコヴィアスが、18年間にわたり、12の契約で贈収賄工作を行っていた疑惑をサンパウロ州検察局に対して認めていたことがわかったと、7日付現地サイトが報じている。 
 不正行為が行われたのは1998年から2015年にかけてで、いずれも、マリオ・コーヴァス氏、ジェラウド・アウキミン氏、ジョゼ・セーラ氏ら、PSDBの知事の時に起こったものだという。 
 同社によると、カルテルが始まったのはコーヴァス氏が知事だった時代で、それは今も継続しているという。また、同社の他に11社が計画に関与したとの証言もなされている。 
 エコヴィアス社がこの間に支払った賄賂は6億5千万レアルに及ぶ。その内の4億5千万レアルは建設に関するもので、1億5千万はペダージオ(通行料)に関するもの。残りの5千万レアルは罰金に関するものだったという。同社は補償を約束している。 
 PSDB側は、「法には従っている」として、疑惑を否定している。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ州=コロナを利用し汚職疑惑=州元保健局副局長を逮捕2020年5月8日 リオ州=コロナを利用し汚職疑惑=州元保健局副局長を逮捕  【既報関連】リオ州検察局は7日、州の人工呼吸器購入に関わる組織犯罪に加担した疑いで、同州元保健局副局長のガブリエル・ネヴェス氏を逮捕した。  人工呼吸器は、現在世界を襲っている新型コロナウイルスとの戦いにおいて、必要不可欠な医療機械だ。  検察は、ネヴェス氏以外にも4人が […]
  • 《ブラジル》レジーナ文化特別局長が極右人事拒否=就任直後にドタバタ2020年5月7日 《ブラジル》レジーナ文化特別局長が極右人事拒否=就任直後にドタバタ  「ロックは悪魔の音楽」などの発言で話題になり、一度は職務を解雇されていた国立芸術財団(FUNARTE)の元会長が5日に再就任したことが問題となり、同日のうちに就任が無効とされた。5日付現地紙、サイトが報じている。  ダンテ・マントヴァーニ氏は3月、有名女優レジーナ・ドゥアル […]
  • 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に2020年5月8日 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に  【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。  この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたり […]
  • 《ブラジル》3月の工業生産は前月比9・1%減=コロナの影響如実に2020年5月6日 《ブラジル》3月の工業生産は前月比9・1%減=コロナの影響如実に  ブラジル地理統計院(IBGE)が5日に発表した3月の月次工業調査(PIM)によると、3月の工業生産は、2月に比べて9・1%減少したことが分かった。  今年の3月を昨年3月と比較すると3・8%のマイナスで、3カ月の移動平均は2・4%マイナス、今年の累積では1・7%マイナス、直 […]
  • 《ベネズエラ》コロンビアから暗殺テロ部隊?容疑者8人を殺害し2人逮捕2020年5月6日 《ベネズエラ》コロンビアから暗殺テロ部隊?容疑者8人を殺害し2人逮捕  ベネズエラ政府は4日、同国領海に侵入してきたテロの容疑者8人を殺害、2人を逮捕したと発表した。3~5日付現地紙、サイトが報じている。  同国のネストル・レヴェロル内相が4日、3日朝、首都カラカスから34キロ離れたマクート市の海岸にコロンビアのテロリストの傭兵が上陸したが、4 […]