fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(262)

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(262)

 ハキオは会計及び会計監査関係の会社員として働き、個人会社も経営していたが退職し、現在は年金生活者。ミルナ・マサエ、レジナルド・マサキ、ロジェーリオ・アツシ、エリアネ・サナエ、リカルド・キヨシの父、メイリー、ウィリーの祖父である。
 ネナは黒崎博文と結婚。主婦だったが、2005年5月9日眠りながらシルビア・チエミ、ソランジェ・ヒトミ、シモネ・サチエ、アジルソン・アキラの4人の子どもを残して旅立った。
 子どものときから器用だったセーキは自動車塗料の仕事を選び、今日までその仕事をつづけている。セルジオ、セルソとすでに亡くなったサンドラ・レジナの父親。タイス、アナ・カロリナ、ユリ・セイキの祖父である。
 シルビオ(ミーチ)はサントアンドレの私企業に働いていたが、公務員試験に受かり、サンパウロ州財務省の収入検査官として働き現在に至る。マリア・アパレシーダ・ラジェスと結婚、ルシアナ・ハルミ、マリアナ・ヒトミ、シルビオ・リカルドの父親である。
 アパレシーダ(ツーコ)は長女が生まれるまで会計士として働き、そのあと主婦専業となった。大城ジョン正英と結婚。ファビオラ・マユミ、フラビオ・ユタカ、ダニエラ・ナオミの母親である。
 アメリア(ヨシコ)は職業一筋に専念した。弁護士の仕事をしながら、公務員試験に合格。サントアンドレ市役所の検察庁で法律顧問課の責任者として働き退職し、年金生活者となった。独身を通し子どもはいない。
 この本の作者、ジョージは工科大学で何年か勉強したあと、ジャーナリストに転向した。いくつかの出版社で働いた後、サンパウロ州のバンデイランテ知事官邸で働いた。1989年から新聞「オ・エスタード・デ・サンパウロ」と「ジョルナル・ダ・タルジ」を発刊している「グルッポ・エスタード」と契約、記者として精勤している。ナンシー・アオロ・コライーニと結婚。タデウ・ナオキの父親である。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 在サンパウロ総領事館=10月休館日のお知らせ2020年10月7日 在サンパウロ総領事館=10月休館日のお知らせ  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は10月12日(月)に「ノッサ・セニョーラ・アパレシーダの日」のため休館する。 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 東西南北2020年8月13日 東西南北  ボルソナロ大統領の一族からはじめてコロナウイルスによる死者が出た。亡くなったのはミシェレ夫人の祖母マリア・アパレシーダ・フィルモ・ペレイラさん(80)。7月1日から連邦直轄区セイランジアの地域病院の集中治療室に入院していた。予断を許さない状況が続く中、2度ほど容態の好転も報じ […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡2020年5月29日 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡  新型コロナウイルスに感染しても無症状の人や軽症で済む人が多いが、コロナ感染症が急速に進み、入院から24時間経たずに死亡する例もある。  サンパウロ州ソロカバ市に住んでいたルイス・リカルド・デウフィノ氏(27)は、15日未明に体調不調を訴え、兄弟の一人のカリーナ・アパ […]