ホーム | 日系社会ニュース | 百年祭の感動をもう一度!=『百年目の肖像』電子書籍に=「アマゾン」で好評販売中

百年祭の感動をもう一度!=『百年目の肖像』電子書籍に=「アマゾン」で好評販売中

『百年目の肖像』販売ページ

『百年目の肖像』販売ページ

 ブラジル日本人移民百周年を記念して、ニッケイ新聞が2009年に刊行した『百年目の肖像―邦字紙が追った2008年』(177頁、日ポ併記、オールカラー)が電子書籍になった。日伯の通販サイト「アマゾン」から購入できる。

 『百年目の肖像―邦字紙が追った2008年』では、祝祭に沸く当時の日系社会の様子が600枚の写真と写真説明を通して詳しく紹介される。

 第1章「輝ける1年の始まり~開幕式典、慰霊祭、表彰」では、ルーラ大統領(当時)も出席した首都ブラジリアでの式典や6月18日の「移民の日」の慰霊法要の様子を掲載。外務大臣表彰など各顕彰事業も網羅されている。

 第2章「新たな1世紀に向けて~皇太子さまご来伯と百周年式典」では、皇太子さま(現・今上天皇陛下)がご出席なさった全ての記念式典の様子を紹介。東京で行われた「日本ブラジル交流年・日本人ブラジル移住百周年記念式典」での天皇陛下(現・上皇陛下)のお言葉の全文も掲載され、皇室とブラジル日系社会の結びつきの強さが分かる章となっている。

 第3章「日系の証を後世に~記念碑・日本庭園~」では、ブラジルで官民が協力して建設した記念モニュメント、鳥居、日本庭園を紹介。これらの建築物は、日伯友好を示す証しそのものだ。

 第4章「新時代の日伯関係へ~スポーツ、文化、学術、教育~」では、日本人移民百周年をテーマにしたリオのカーニバルのパレードや、レアル銀行が主催した「わたしたちひとりひとりの日本展」など各分野での日伯交流の様子が紹介されている。

 第5章「ブラジルの慶祝、日本からの声~イベント、芸能人来伯、記念グッズ」では、日本から参加した芸能人、団体、著名人の公演を紹介。日系美を競った「ミス百周年」や日伯で発売された記念切手・硬貨、百周年などの記念グッズも多数掲載されている。

 最終章では「同郷の絆、いまも~県連・県人会」として、47都道府県人会の活動を紹介。世界最大の日本文化イベントである県連主催の「日本祭り」の様子や独自に百周年祭典を開催した沖縄県人会の様子を伝える。

 販売は通販サイト「アマゾン」で行われており、日本版サイト(https://www.amazon.co.jp/)では『百年目の肖像―邦字紙が追った2008年』、ブラジル版サイト(https://www.amazon.com.br/)では『HYAKUNENME NO SHOUZOU IMAGENS DO CENTENARIO』で商品登録されている。伯国製クレジットカードでの決済が、日本版サイトではできない場合があるが、伯国版サイトからは購入が可能。どちらを買っても内容は同じ。

 日本版アマゾン『百年目の肖像―邦字紙が追った2008年』購入ページ

ブラジル版アマゾン『HYAKUNENME NO SHOUZOU IMAGENS DO CENTENARIO』購入ページへ

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への支援を東京で要請=下地議員らが5カ所を行脚=笹川堯氏など日系社会理解者へ2021年4月8日 本紙への支援を東京で要請=下地議員らが5カ所を行脚=笹川堯氏など日系社会理解者へ  南米日系社会への支援を続ける下地幹郎(しもじ […]
  • 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ2018年1月10日 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ  「武本文学賞」というのは、日系社会の文学活動を創立時からささえてきた武本由夫(1983年逝去)を顕彰して設置されたものである。83年に募集され第一回発表が1984年発行の「ブラジル日系文学15号」誌上、その後35年間継続されてきている。  そして2015年には創刊5 […]
  • ニッケイ俳壇(880)=星野瞳 選2016年3月17日 ニッケイ俳壇(880)=星野瞳 選 サンパウロ  林 とみ代 不況の世のサンタクロースの吐息かな 汚職して国は破産に年果てる 大胆な愛のいれずみ夏の肌 マニフェスト盛となりし聖市かな […]
  • 乾杯するコシノさんと矢柳さん2014年1月25日 世界のコシノ「和食はアート」=矢柳氏との二人展も開幕 ニッケイ新聞 2014年1月25日 【既報関連】世界的ファッション・デザイナーのコシノジュンコさんが、現代美術家の矢柳剛さんと南米初の二人展『オーパ!陽気な黙示録』(17日付詳報)を開くため来伯し、21日、展示会に先立ち総領事公邸で和食文化紹介イベントを行った。日系団体代表 […]
  • コラム 樹海2014年1月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月23日  いままでなかったのが不思議だが、観光雑誌『るるぶ』のブラジル・アルゼンチン版(JTBパブリッシング、税別1500円)が今月発行された。ブラジル編では、イグアスの滝、レンソンイス(マラニョン州)、アマゾンに詳しく触れ、リオとサンパウロ、サル […]