ホーム | 日系社会ニュース | 北海道=若手大活躍で800食販売!=中心担う次世代の青年ら=県費留学生が独自アプリ開発

北海道=若手大活躍で800食販売!=中心担う次世代の青年ら=県費留学生が独自アプリ開発

左から大沼宣信会長、平野オストン副会長

左から大沼宣信会長、平野オストン副会長

 「コロナ禍にも関わらず、各方面から50人もボランティアが集まりました。人は宝だと改めて感じさせられましたね」――ブラジル北海道文化福祉協会の大沼宣信会長(のりのぶ)(二世・72歳)は、そう嬉しそうに語った。既報の高知県人会や滋賀県人会のイベントに続き、北海道協会でも9月13日「第25回北海道祭り」が行われ、新世代が大いに活躍した。

 

 同祭では、母県の北海道をイメージさせる「焼きにしん」と「イカの姿焼き」を販売し、なんと約800食も売り上げたという。当日は同協会の青年部やボーイスカウトなど各方面からボランティアが50人程集まった。

焼きにしんの煙が立ち込める調理場

焼きにしんの煙が立ち込める調理場

 大沼会長は「このイベントは告知から食材の仕入れ、販売に至るまでわずか45日程でした。当会の平野第2副会長が先頭に立ち、若手中心に開催できて本当に心強いです」と誇らしげに語った。
 さらに「何よりも若手はワッツアップやSNSなどのネットを大いに活用し準備していたので、スピードが早く本当に驚きました。現在、北海道に県費留学中の協会メンバーが今回のイベントのために、購入者に購入番号を自動で割り振りし受け取りをチェックできる機能のアプリを独自開発、提供してくれたのは本当にびっくりしました」と想定外の出来事に心底驚いた様子。
 平野オストン第2副会長(三世・49歳)は、「今年初めて北海道協会でイベントを行いました。コロナの影響もあってなかなかできませんでしたが、久しぶりに皆さんの顔を直接みることができて嬉しいです」と笑顔を浮かべた。
 同祭販売物の評判についても「北海道にちなんで、家で食べれないものを…と思いにしんとイカを提供しました。お陰様で評判もよく、お客様の中でも『これが食べたいからコロナが始まって初めて家からでた』という方もいて、とても嬉しかったです。既に次回は何にしようかと仲間内で話していますね」と笑顔で語る。

池尻直美部長

池尻直美部長

 同協会青年部の池尻直美部長(三世・29歳)は、若手の協力が増えたという。
 「私の両親は以前イベントの手伝いをよく行っていましたが、今回は年齢によるコロナのリスクを考え参加しませんでした。他にも同じ状況の方がいましたが、そのぶん前よりも若手が増え、より補おうという力が強くなったと思います」とコロナ禍に起きた変化を語る。

藤井・ヒカルド・シンジさん

藤井・ヒカルド・シンジさん

 同祭ボランティアの半分以上を占めるボーイスカウトの藤井・ヒカルド・シンジさん(四世・45歳)も、「ボーイスカウト活動も今年はオンラインばかりです。今回久しぶりに皆の顔をみれて本当に嬉しかったです。笑顔で買っていくお客様の顔もみれて疲れも吹っ飛びました」と額の

汗を拭いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》持続可能性重視で電気トラック製造=VW社が業界けん引2020年10月21日 《ブラジル》持続可能性重視で電気トラック製造=VW社が業界けん引  世界中で持続可能性(サステナビリティ)を重視した車の製造が進められているが、ブラジルではトラック業界がこの分野をけん引している。  2年間のテスト期間を経て、21年3月から電気トラックを製造し始めるのはフォルクスワーゲンのトラック・バス部門(VWCO)だ。リオ州レゼ […]
  • 《ブラジル》上半期に殺人事件が増加=10分間で1人が犠牲に=2年連続の減少傾向覆る2020年10月21日 《ブラジル》上半期に殺人事件が増加=10分間で1人が犠牲に=2年連続の減少傾向覆る  ブラジルでの殺人事件発生率は2019年に過去10年間で最低を記録したが、コロナ禍の今年上半期は逆に増え、10分間で1人が殺されたと19日付現地紙が報じた。  18日に開かれた全国治安フォーラムによると、1~6月は人口100万人あたり25・712人が殺人事件の犠牲とな […]
  • 《ブラジル》パンツ上議=ロドリゲス氏が自ら停職=繰り上がる補欠は息子2020年10月21日 《ブラジル》パンツ上議=ロドリゲス氏が自ら停職=繰り上がる補欠は息子  不正が疑われる現金3万レアルをパンツの中に隠していたことで有名になったシコ・ロドリゲス上議(民主党・DEM)が20日、自ら121日間の停職を申し出た。20日付現地サイトが報じている。  ロドリゲス上議は14日に行われた、コロナ禍に伴うロライマ州保健局の不正疑惑に絡む連警の捜 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=大学の授業料滞納が激増=42万人が中途退学や休学?2020年10月21日 《ブラジル》コロナ禍=大学の授業料滞納が激増=42万人が中途退学や休学?  高等教育機関メンテナンス担当者の組合(Semesp)によると、今年上半期の授業料滞納者は全体の11%に上り、昨年同期比で29・9%増えた。また、中途退学者や休学者も14%増えたと19日付現地紙、サイトが報じた。  Semespのデータは全国53の高等教育機関を対象に […]
  • 東西南北2020年10月21日 東西南北  サンパウロ市内のフェイラの中には、NPOと称する団体が新型コロナウイルスの簡易検査を行っているところがある。10月13日現在の同NPOのデータだと、1029人がテストを受けたところ、960人は陰性だったが、69人は陽性だったという。この検査は15分間で結果が出る上、検査にかか […]