ホーム | 日系社会ニュース | 今度はパエリア祭り開催=高知県人会イベント第2弾

今度はパエリア祭り開催=高知県人会イベント第2弾

パエリア祭りの告知

パエリア祭りの告知

 ブラジル高知県人会(片山アルナンド会長)は、7月に行われたフェイジョアーダ祭りに続き、10月3日には「パエリア祭り」を開催する。「パエリア」は、米と一緒に、野菜、魚介類、肉などの食材を炊き込むスペインを代表する世界的人気料理だ。
 片山会長は「前回の祭りでは本当に多くの方に買っていただき本当に感謝するばかりです。この勢いで第2弾も開催します。エビやイカ、タコ、貝など具だくさんのパエリアを販売します。美味しいですよ。ぜひ家族で食べて自粛のストレスを発散してください」と語る。
 「高知県人会パエリア祭り」は、同会館(Rua dos Miranhas,196,pinheiros)を会場に持ち帰り、または宅配方式で行う。
 宅配地域は同会館から10キロ以内。配送料は10レアル。提供時間は「昼食」10時から14時、または「夕食」15時から18時までの2パターンとなる。注文は1セットから可能。
 メニューはパエリア60レアル(1セット2人分の量)、焼きそば25レアル、桜餅2個セット5レアル・8個セット15レアル。注文の締切は10月1日まで。
 質問・予約・注文は次のワッツアップに連絡を。(ワッツアップ=11・97682・7282/11・97358・5551/11・99945・1541)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 白井順中さん遺族の方、もう一度連絡を2021年6月18日 白井順中さん遺族の方、もう一度連絡を  【既報関連】3月16日付け、4月8日付け本紙2面に掲載した『白井順中さん、または家族』を和歌山県在住の山本記義さんが探しているという記事を知って、順中さんの家族から6月初旬に編集部に連絡が入った。  ところが、その際に聞いた電話番号にかけても、「現在使われていません」となっ […]
  • ACAL=東洋街再開発計画を紹介=タワーや大仏建設案まで=山田大使招いて協力依頼2021年8月26日 ACAL=東洋街再開発計画を紹介=タワーや大仏建設案まで=山田大使招いて協力依頼  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は13日朝、聖市リベルダーデ区のニッケイパレスホテルで、山田彰駐ブラジル日本国特命全権大使を招いて、リベルダーデ街再開発計画の紹介を行った。  再開発計画は、同区の持つ日本人移民の歴史を後世に伝え、日本文化の発信地と […]
  • 不法入国のブラジル人親子帰国?=強制送還回避を願うブラジル政府2018年7月21日 不法入国のブラジル人親子帰国?=強制送還回避を願うブラジル政府  米国トランプ政権が採用した、メキシコとの国境から不法入国した移民とその子供を引き離すという「不寛容政策」で父親から引き離されたブラジル人の少年(7)が、近日中に帰国する見込みで、連邦政府は強制送還という形になるのを避けたがっていると19日付ブラジル国内紙サイトが報じた。   […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(28)2016年3月17日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(28)  いきなりエバの本名が出てきた瞬間、「やった!」と思った。エバとカロリーナは同一人物らしい。 ケチな外人と思われたら話が聞けないので、仕方なくOKして、出てきたシャンペンのボトルを見て驚いた。「ピンドン」(ドンペリニョンのロゼ)だった。「サウージ(乾杯)!」 まず、三人で乾杯し […]
  • サンパウロ市東部=治安関係者再び少年を射殺=信憑性乏しいGCMの証言=「反撃は誤り」とサンパウロ市長談2016年6月28日 サンパウロ市東部=治安関係者再び少年を射殺=信憑性乏しいGCMの証言=「反撃は誤り」とサンパウロ市長談  サンパウロ市東部のシダーデ・チラデンチス区で25日午後10時半頃、11歳のヴァウジッキ・ガブリエル・シウヴァ・シャーガス君が市警備隊(GCM)に射殺されたと27日付伯字各紙が報じた。 発砲したとされるGCMのカイオ・ムラトーリ容疑者は、過失致死の現行犯で書類送検された。同氏は […]