ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁=大統領の供述の審理日は長官に=連警干渉の供述問題で

《ブラジル》最高裁=大統領の供述の審理日は長官に=連警干渉の供述問題で

セルソ判事(Fabio Rodriguez Pozzebom)

 最高裁のセルソ・デ・メロ判事は5日、ボルソナロ大統領の連邦警察干渉疑惑に対する事情聴取(供述)のやり方に関する大法廷での審理の期日を、ルイス・フクス長官の判断に委ねる判断を下した。5日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》「ラヴァ・ジャット作戦は終わらせた」大統領が意味深発言=最高裁の新判事指名の真意明らかに=疑惑の政党が裏で糸引く?2020年10月9日 《ブラジル》「ラヴァ・ジャット作戦は終わらせた」大統領が意味深発言=最高裁の新判事指名の真意明らかに=疑惑の政党が裏で糸引く?  ボルソナロ大統領は7日、「ラヴァ・ジャット作戦は私が終わらせた。なぜなら、この政権は汚職がないから」と発言し、物議を醸している。8日付現地紙が報じている。  この発言は7日、大統領府でインフラ省が行う航空新プログラムの発表のイベントで行われた大統領演説でのものだった […]
  • 「国外充電」の可能性強まるモロ2020年10月9日 「国外充電」の可能性強まるモロ  「モロ氏、政界を諦めて米国行きか」。そうした見出しの記事が最近、コラム子の目を惹きつけた。その記事によると、2022年の大統領選で、ボルソナロ大統領の対抗馬にもなりうると期待されているセルジオ・モロ前法相が、家族の願いもあり、政治から離れた世界に身を置くよう求められ、 […]
  • 《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意2020年9月19日 《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意  最高裁のマルコ・アウレーリオ・メロ判事は17日、ボルソナロ大統領が最高裁から命じられていた、「連邦警察への介入疑惑」に関する供述の期限を、大法廷での審理後に延期し、審理までは捜査も差し止めさせる命令を出した。これは、大統領がどのような形で供述を行うかを最高裁内部で審理 […]
  • 《ブラジル最高裁》フクス判事が長官に就任=検察寄り審判傾向でリベラル派2020年9月12日 《ブラジル最高裁》フクス判事が長官に就任=検察寄り審判傾向でリベラル派  10日、最高裁の新長官にルイス・フクス氏が就任した。11日付現地紙が報じている。同長官は2年の持ち回り制で、長官未経験者の中で最高裁在籍期間が最も長い人が就任する。  1953年にリオで生まれたフクス氏は、グアナバラ(現在のリオ)州立大学で法学を学び、1983年にリ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]