ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》10月の消費者信頼感指数が3カ月ぶりに前月比上昇

《ブラジル》10月の消費者信頼感指数が3カ月ぶりに前月比上昇

景気回復の遅れるブラジル。消費者信頼感指数も毎月微妙に上下している。(参考画像・Marcos Santos/USP Imagens)

景気回復の遅れるブラジル。消費者信頼感指数も毎月微妙に上下している。(参考画像・Marcos Santos/USP Imagens)

 リオ市に本部を置くジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)は24日、10月の消費者信頼感指数(ICC)が86・1ポイントだったと発表。82・1ポイントだった9月より4・0ポイントの上昇となった。
 ICCには細分化された多くの項目がある。3カ月ぶりの前月比上昇に最も貢献したのは「購買意欲」で、9月より12・0ポイント上昇し、2014年10月に記録した92・9ポイント以来の高値となる、90・7ポイントとなった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ