ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》宅配の惣菜パンに人の指先?!=調理人が誤って切断事故

《ブラジル》宅配の惣菜パンに人の指先?!=調理人が誤って切断事故

グローボ局サイト15日付の記事

 11日の夜、サンパウロ市北部に住む14歳の少年が、カフェテリアからデリバリーで購入したエスフィーハ(アラブ式惣菜パン)を食べていたところ、中に切断された人間の指が入っていたを発見して通報する事件が起きた。グローボ局サイト15付などが報じている。
 これは調理師である男性従業員(55歳)の指である事が明らかになっている。カラブレーザ(ウインナーの一種)をスライサーで切る際に誤って指を切断する事故を起こしていた。
 負傷直後に床や機器の周辺など厨房を探したが指が見つからず、そのまま病院へ搬送されたという。すでに退院して自宅で療養しているが、大変動揺した状態だという。

 グローボが取材のため電話をすると、匿名希望の女性従業員が「負傷した男性はパンデミックの影響で3カ月間失業していた。ようやく仕事が見つかって始めたばかり。とても動揺していた」と事故の様子を説明。「彼は正規雇用ではなかったが、店主から必要なサポートはすべて受けている」と語った。
 消費者に対する過失傷害として警察が捜査を行っており、店は事件以降も閉店したまま。グローボは同件への見解を消費者保護協会(Idec)のクリスチャン・プリンツ氏に求めたところ「食品に支払われた金額のほか、心身への健康被害に対する治療費や補償なども請求することができる」とし、「間違いなく少年にはトラウマ体験となっている」と消費者への懸念を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]
  • 《特別寄稿》コロナで揺れるボルソナロ政権=日系女医ヤマグチさんの毀誉褒貶=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2021年6月5日 《特別寄稿》コロナで揺れるボルソナロ政権=日系女医ヤマグチさんの毀誉褒貶=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  アメリカやヨーロッパの先進国ではどうやらコロナ禍の抑え込みに成功したようで、マスクの不採用や域外旅行の自由化策採用で、国民はホット一息のようです。  所で「我がブラジル」は国全体の認識の甘さもあったのか、新型コロナウイルス疫の感染者、死亡者数とも世界の上位を占め、国 […]
  • 《ブラジル》全国の200市以上で反大統領デモ開催=総数42万人、サンパウロ市だけで8万人参加=不満がコロナへの恐怖上回る=PE州では軍警の暴力行為も2021年6月1日 《ブラジル》全国の200市以上で反大統領デモ開催=総数42万人、サンパウロ市だけで8万人参加=不満がコロナへの恐怖上回る=PE州では軍警の暴力行為も  5月29日、ボルソナロ大統領に対する抗議デモが全国200以上の都市で行われた。コロナ禍で密を作ることが恐れられる中、いずれの都市でも多くの参加者たちが集い、ボルソナロ政権に対する強い不満を表明した。5月30日付現地紙が報じている。  今回のデモの最大の原因は、経済を […]