ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル株=年初の取引で9万P突破=新政権へのご祝儀相場?

ブラジル株=年初の取引で9万P突破=新政権へのご祝儀相場?

新政権発足後初の金融市場は株もレアルも大きく値を上げた。(参考画像・Marcos Santos/USP Imagens)

新政権発足後初の金融市場は株もレアルも大きく値を上げた。(参考画像・Marcos Santos/USP Imagens)

 ボウソナロ政権発足後初の金融市場取引が2日に行われ、ブラジルの株式市場とレアル価は、共に大きく値を上げたと、3日付現地各紙が報じた。
 サンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は、昨年最後の取引を8万7887ポイント(P)で終了していたが、今年の初取引となった2日は3・56%上昇の9万1135Pで終了した。終値が9万Pを超えたのは史上初だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ