ホーム | ブラジル国内ニュース | ミネイロンでの観戦が有料に=27日のような混乱回避のため

ミネイロンでの観戦が有料に=27日のような混乱回避のため

 ミナス・ジェライス州都ベロ・オリゾンテ市のミネイロン競技場でのW杯観戦が、27日のブラジル対セルビア戦の観戦会での事故を受け、有料化される事になった。
 27日の事故は、午後2時の段階で、最大収容人数の3万人に達したために門が閉鎖されたが、締め出された約9千人の観客の一部が柵を乗り越えて中に入ろうとしたため、門の一つを警備員が開けた事で起きた。
 大勢の観客が一つの門に殺到し、押し倒された人が出たが、後ろにいた人達が倒れた人を次々に踏みつけて前に進もうとしたもので、負傷者の内、女性3人と男性1人は病院に運ばれて手当てを受けた。
 幸い、大怪我にはならず、全員がその日の内に帰宅したが、観戦会開催者は事態を重く見て、観戦会を有料にする事にしたという。
 7月2日(月)の対メキシコ戦の入場券は1人10レアルで、29日から発売開始となる。発売箇所はミネイロン競技場北側の券売所(午前8時から午後8時まで)と市内各所の発売所、ならびに主催者のサイト(https://www.centraldoseventos.com.br/mineiraoArenaN1)だ。
 主催者側によると、24日も同競技場での観戦会は満員だったという。主催者は、「有料化は観客の安全確保のためで、2日の観戦会では入場券提示が義務付けられる」と話している。(28日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 《ブラジル》クリスマス商戦は近年で最高?=危機前の水準には及ばぬも2018年12月28日 《ブラジル》クリスマス商戦は近年で最高?=危機前の水準には及ばぬも  全国商店主連合(CNDL)とクレジット保護サービス(SPC)が26日、今年のクリスマス商戦は、経済危機前の水準には及ばないまでも、ここ4年間で最も良い結果を生んだと発表した。  12月4~24日に行われた、分割払いでの商品購入者に関する情報確認は、昨年同期より2・66%増え […]
  • ネイマール=W杯後始めて公の場に=批判に対しても冷静に反論2018年7月21日 ネイマール=W杯後始めて公の場に=批判に対しても冷静に反論  今月6日のW杯準々決勝のベルギー戦で破れ、試合後も一切取材に応じていなかったネイマールが19日、初めて公の場所に姿を現し、取材に対応した。  サンパウロ市のホテルで開かれた、ネイマール財団主催のチャリティーオークションの場で取材に応じたネイマールは、試合中に大げさに倒れる行 […]