ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》本日ルーラがクリチーバへ=MBLとボルソナロ抗議か?

《ブラジル》本日ルーラがクリチーバへ=MBLとボルソナロ抗議か?

 今日28日、大統領選に向け、南部巡りをしているルーラ元大統領が、パラナ州クリチーバに到着する。その機を狙い、保守系政治団体のブラジル自由運動(MBL)と極右大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏支持者がデモを行う可能性が強いと、27日付現地紙が報じている。
 連邦第4地域裁から収賄と資金洗浄容疑で12年1カ月の実刑判決を受けながらも、ルーラ元大統領は現在、南部でキャンペーンを行っている。南部ではこれまでも、行く先々で抗議運動に遭っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》LJ作戦関連裁判=モロの後任判事がルーラと直接対決=疑惑徹底否定の元大統領=アチバイア裁判判決近し2018年11月17日 《ブラジル》LJ作戦関連裁判=モロの後任判事がルーラと直接対決=疑惑徹底否定の元大統領=アチバイア裁判判決近し  サンパウロ州海岸部グアルジャー市の三層住宅に絡む収賄疑惑でルーラ元大統領が2審有罪となり、4月7日に収監されて以来初の証人尋問が、14日にクリチーバ地裁で行われたと、15日付現地各紙が報じた。  この尋問は、アチバイア市の別荘改装に絡む収賄、資金洗浄の嫌疑に関するも […]
  • 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦2017年6月2日 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦  昨年来、ラヴァ・ジャット作戦の対象に首都の政治家が入るようになり、「激震の発信地」がクリチーバとブラジリアの両方になった。最近特にジャノー連邦検察庁長官が「台風の目」としての存在感を強めてきた。その暴風に抵抗するためにテメルを中心とした「アコルドン」(大同盟)が裏で形 […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2017年2月17日 東西南北  CNTという調査団体が行ったアンケート調査によると、2018年の大統領選で国民の約30%がルーラ氏の当選を願っているという結果が出た。いかにマリーザ夫人の死の直後とは言え、連日のラヴァ・ジャットの疑惑報道の後でもここまで強いとは。また2位にはマリーナ・シウヴァ氏、3位にはジャ […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]