ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第54話

中島宏著『クリスト・レイ』第54話

 個人的な感情をそこに投入するのは、いささか常識から外れているようにも思われるのだが、彼にとっては、これらのすべてが互いに繋がっているというふうに考えているから、そこに矛盾はない。ここにある隠れキリシタンの物語はそのまま、アヤの人間性にも繋がっているはずだし、それを知ることによってもっと、彼女の内面を窺い知ることもできるのではないか。マルコスの思考は、そのようなところにまで及んでいる。
 今、目の前にあるものを探って行けば結局それは、アヤの持っている思想の奥深くまで入り込んで行けることになる。そして、そのことについてマルコスは、決して行き過ぎだとも失礼だとも考えていない。すごく当然なことではないかというような感じを持っている。そこには遠慮とか、常識的な発想というものは存在しない。それだけマルコスは、すでに常識の範疇からはみ出してしまっているのかもしれなかった。もっとも、それが青春というものの持つ特権とも呼べるものなのであろう。

 マルコスとアヤとの会話は、その後もずっと続いていった。
 ただ、新しい教会の工事が進むにつれて、現場でボランティアとして働く人々も増えていったから、教会や日本語学校の近くでは二人だけで会うことはできなくなった。できれば二人の行動は、目立たないようにする方が賢明であった。別に後ろめたいことをしているわけではなかったが、かといって表立って強調するようなことでもなかった。
 もっとも、出会うとはいうもののこの場合、話題はクリスト・レイ教会に関することや、日本語に関するものが中心となっていたから、本来の意味でのデートとはかなりその趣が異なるものではあったのだが。
 あえていえばそれは、専門化した分野での勉強会というような形を持つものであった。が、その実、純然たる勉強だけがその目的であったかといえば、それもまた違うと言わざるを得ない。その辺りが、いわゆる本来の意味での勉強会とは異なるものであったのは事実である。複雑な意味を内包するものではあったが、とにかく二人は勉強会と称しつつ、デートの形を持ちながら、教会について、宗教について、歴史について、そして日本人の考え方について様々な議論を繰り広げていった。そして回を重ねるごとに、その内容も充実したものになっていった。
 そこにあったものは、青春の一ページを司るといった雰囲気のものであり、未熟なりにも思考の広がりと、新たな組み立てと、そして、それらを直接ぶつけあうことによる議論であった。それは、決して確かな形を持つものではなかったが、明らかにそこには、若さのみが持つ躍動感がみなぎっていた。
 出会う場所は、いろいろ変わった。
 時には、低地に流れる小川のほとりであったり、コーヒー畑の中の小道であったり、牧場の並木道であったり、マルコスの家だったりした。デートのために彼は時折り、シャレッチと称する二輪馬車を用意し、それに乗って来たりした。馬車とはいっても別に立派なものではなく、一頭の馬に簡単な二輪車を引っ張らせるという、ブラジルではごく一般に、足代わりに使われていた簡易馬車ともいうべき乗り物である。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第56話2020年10月14日 中島宏著『クリスト・レイ』第56話  二人の場合、ほぼバイリンガルになりつつあったが、そのことが後になって大きな意味を持つことになるとは、無論この時点では二人ともまだ知る由もない。この時期は、二人は日本語だけで話しているが、これはマルコスにとって一方的に有利といえた。彼の日本語は上達していくが、アヤのポルトガル語 […]
  • 宮城埼玉東京の屋台祭り=県人会連帯して500食超え=「皆で協力して盛り上げよう!」2020年10月3日 宮城埼玉東京の屋台祭り=県人会連帯して500食超え=「皆で協力して盛り上げよう!」  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会が協力して9月12日に「ドライブスルー屋台祭り」を宮城県人会館で開催した。「コロナ禍でどこの県人会も大変ですが、皆が協力したら成功することを改めて感じました。他の県人会 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(14)2020年9月29日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(14)  日本国内からの移民送出圧力が高まる中、米国への流れを途絶されたわけだ。困った日本政府は1924(大正13)年からブラジル渡航の移民全員に船賃支給をするなどの国策を開始したため、この流れは本格的にブラジルに向くようになった。  日本のラジオ放送は1925年3月に約50 […]
  • 6月の月次決算が過去最高益=農業機器メーカー=CCM DO BRSIL社2020年9月16日 6月の月次決算が過去最高益=農業機器メーカー=CCM DO BRSIL社  ブラジル日系会社や日本から進出している日系企業の多くは、工場の操業停止や仕事の自主規制、或いはテレワークなどを余儀なくされているのが現状だ。こうした状況の中で日系人経営者の中には、コロナ渦に負けず操業を停止することなく、3月以前の生産と販売を維持している会社も多い。 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(4)2020年9月12日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(4)  笠戸丸移民の多くが幼年期から思春期という人格形成期をすごした明治20年代(1887年~1897年)以降は、日本という国家自体もまた形成期でもあった。欧米列強に侵略されないように富国強兵を旗印にし、ドイツなどを模範にして矢継ぎ早に社会構造を根本から変えていった。  サ […]