ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市長選=現職とルソマノ互角勝負=伸び代を見せるボウロス

サンパウロ市長選=現職とルソマノ互角勝負=伸び代を見せるボウロス

コーヴァス市長(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

 ブラジル世論調査・統計機関(IBOPE)によれば、サンパウロ市長選ではセルソ・ルソマノ候補(共和者・RP、64歳)と、現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB、40歳)がほぼ互角のトップ支持率を示した。15日付UOLサイトが報じた。
 連邦下議のルソマノ氏は25%、コーヴァス氏も22%の支持率。計測誤差が3%前後あるため、2候補者の勝敗は開票されるまで確定できない。選挙戦の始まりから、先の2候補者を含む候補者の支持率は大きな変動を見せていない。
 とはいえルソマノ氏の支持率は、最貧層の有権者の間で特に上昇しており、所得が最低賃金(1045レアル)までの労働者の33%が支持している。だが、5最賃(5225レアル)を超える中間所得の有権者の間でも上昇傾向をみせ、18%が投票すると答えた。これは前回の調査よりも12%増加した。

ルソマノ候補(Senado Federal)

 ただし、ルソマノ氏は福音派の有権者(38%)に受けが良いが、カトリック信者の支持を失っている(26%から20%に)。
 現職のコーヴァス氏は、16~24歳の若者の間で支持率が伸び、前回の12%から21%に向上した。
 3位はギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)10%、4位はマルシオ・フランサ氏(ブラジル社会党・PSB)7%、以下、ジウマール・タット氏(労働者党・PT)4%、アルトゥール・ド・ヴァル・聖州州議(パトリオッタ)2%など。
 ボウロス候補は、35~44歳の有権者の間での支持率を5%から12%に、カトリックと福音派を除く宗教の信者の間での支持率を16%から23%に上げた。「極左」「貧乏人の味方」のイメージが強いボウロス氏だが、5最賃を超える有権者からも19%の支持率を集めたことが注目される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か2021年3月3日 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か  新型コロナの感染再燃が加速化し、専門家が「今後2週間は戦争」「最も悲しい3月となる」と表現する事態に直面している。  全国保健局長審議会(Conass)が1日、全国一律の夜間外出禁止措置をとる事と、集中治療室(UTI)の占有率が85%を超えたら即座にロックダウンを宣 […]
  • 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化2021年3月3日 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化  ボルソナロ大統領は2日、世界保健機関(WHO)が推進している新型コロナウイルスに対するワクチン供給計画の「COVAXファシリティ」に参加し、同計画が供給するワクチンは国家衛生監督庁(ANVISA)の緊急使用許可や正式登録許可を得ていなくても購入できるとする法案を裁可し […]
  • 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で2021年3月3日 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で  自動車メーカーのゼネラルモータース(GM)が1日、サンパウロ州ヴァレ・ド・パライバにある工場での生産活動を2カ月間停止する事と、従業員600人をレイオフとする事を決めたと2日付現地紙が報じた。  GMが生産活動停止を決めたのは、電気系統を中心とする部品の供給不足が原因だ。新 […]
  • 東西南北2021年3月3日 東西南北  サンパウロ州では先週から、23時~翌朝午前5時が外出禁止となっている。2月26日〜28日に州が本格的に取り締まりを行った結果、286もの店や会社が夜中に群れを作ってイベントを行ったり、営業時間を守っていないかったりして摘発された。その中には、26日夜から27日未明にかけてサン […]
  • 在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝2021年3月3日 在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は2月23日午後6時から、「天皇誕生日の祝賀記念動画」をユーチューブ上で配信した。例年、総領事公邸で開催されてきた「天皇誕生日レセプション」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により今年は見合わせられ、オンラインで開催された […]