ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ病院火災=転院後に4人目の犠牲者=当面は閉鎖して改築実施か

リオ病院火災=転院後に4人目の犠牲者=当面は閉鎖して改築実施か

ボンスセッソ連邦病院(Tania Rego/Agencia Brasil)

 【既報関連】リオ市北部のボンスセッソ連邦総合病院で27日の朝発生した火災は、煙の発生が止まらず、現場を冷やす作業が29日朝も継続されていると同日付現地紙サイトが報じている。
 病院側の報告によると、第1、第2棟の入院患者計191人は他の医療機関に転院したが、それ以外の37人は退院許可を得て自宅に戻った。28日夜には、コロナ感染症で入院していた73歳の女性が死亡した事が確認された。
 同病院には29日朝7時頃、事前に問い合わせたところ、診察は予定通り行われる予定だと聞いたと言う患者達が数人集まっていた。患者の中には、1カ月前に診察予約が入っていたとしてカシアス市から来た人や、第3棟で診察を受ける予定のたペトロポリス市在住の妊婦もいた。

 病院側は28日、11月1日からは診察などを全て停止し、改築・改修工事を行うと発表した。病院職員らは全員、近日中に集団休暇に入る予定だが、腎臓病と臓器移植に関連する医師ら22人は例外で、やはり連邦病院であるラゴア病院で対応にあたるという。医療業務停止期間は確定していない。ただし、29日現在、保健省はまだ正式に決定した事ではないとしている。
 出火原因は電気系統の問題ではないかと見られているが、建物の内部に入るのは、完全に鎮火した事が確認されてからとなる。連邦警察は既に、出火原因を調査するための手続きを始めている。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領2021年2月27日 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領  昨年2月26日の新型コロナの初感染者確認から丸1年。この24日には死者数が25万人の大台を超え、7日間の平均死者数が過去最多を記録して昨年のピーク時よりも明らかに酷い記録を更新中の25日、ボルソナロ大統領は今更ながらにマスク着用に否定的な発言を定例ライブで語り、メディ […]
  • 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪2021年2月27日 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪  地理統計院(IBGE)が26日、20年第4四半期の失業率は13・9%で第3四半期の14・6%より低下したが、年間平均は13・5%で、12年の統計開始以降で最悪だったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  18年の平均失業率は12・3%、19年は11・9%で、失業率は低下傾 […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫2021年2月27日 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫 芯からの愛の心  人間誰にも脳と心がある。真心、見せ掛けの心、欲心、悪心、様々な心がある。それを見抜くのが脳である。  先ずは親子愛の真心、どんな罪人の子でも親にとっては芯からの愛の心がある。目の中に入れても痛くないほど可愛い孫。  幼い頃からオジーオバーにす […]