ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》Gグリーンウォルド氏が所属メディア辞職=米バイデン疑惑書こうとしたら検閲?

《ブラジル》Gグリーンウォルド氏が所属メディア辞職=米バイデン疑惑書こうとしたら検閲?

Gグリーンウォルド氏(Glenn Greenwald, CC BY-SA 2.5 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.5>, via Wikimedia Commons)

 2019年に「ヴァザ・ジャット報道」でブラジル政界を揺らしたブラジル在住の米国人ジャーナリスト、グレン・グリーンウォルド氏が、「同僚から検閲を受けた」として、VJ報道を行っていた自身のメディア「ジ・インターセプト」を辞職したと公表した。29日付現地紙サイトが報じている。
 グレン氏は29日、サイト「サブスタック」の記事で、なぜインターセプトを辞めたかの説明を行った。
 同氏はその理由を「米国大統領選で、ジョー・バイデン氏とその息子のハンター氏の疑惑について書こうとしたら、インターセプトの編集者から反対されたから」だという。同氏によると、編集部はバイデン氏を強く支持しているという。

 グレン氏は2013年に、米国アメリカ国家安全保障局(NSA)局員だったエドワード・スノーデン氏からNSAの諜報行為の暴露情報を受け取って報道したことで有名となった。その後、ブラジル下院議員のデヴィッド・ミランダ氏と結婚して、リオ市に移住。
 2019年6月に、セルジオ・モロ法相(当時)がラヴァ・ジャット作戦担当判事だった頃の疑惑を、ハッカーによる携帯電話記録の情報を基に、インターセプト誌から報道した「ヴァザ・ジャット報道」で政界に衝撃を走らせた。この報道は、同作戦で有罪実刑判決を受けて身柄を拘置されていたルーラ元大統領の釈放の遠因にもなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》2年を切った次のブラジル大統領選2020年11月20日 《記者コラム》2年を切った次のブラジル大統領選  米国大統領選に全国市長選挙。ボルソナロ大統領が、すでに2年を切った次の大統領選にとって、なんとしてでも良い結果にしたかったものが、最悪の結果に終わった。  トランプ大統領の再選失敗。今の時点で断言はすべきではないという人もいるかもしれないが、州の投票結果をひっくり返 […]
  • 東西南北2020年11月11日 東西南北  米国大統領選が終わり、全国市長選が今度の日曜に迫ったブラジルでは、早くも再来年の大統領選を意識した動きが表面化し始めている。一例はともに世論調査での支持率が高いルシアノ・フッキ氏とセルジオ・モロ氏で、クリチーバで二人が会合を行ったという一報が世間を賑わせている。二人とも知名度 […]
  • 《ブラジル》「ラヴァ・ジャット作戦は終わらせた」大統領が意味深発言=最高裁の新判事指名の真意明らかに=疑惑の政党が裏で糸引く?2020年10月9日 《ブラジル》「ラヴァ・ジャット作戦は終わらせた」大統領が意味深発言=最高裁の新判事指名の真意明らかに=疑惑の政党が裏で糸引く?  ボルソナロ大統領は7日、「ラヴァ・ジャット作戦は私が終わらせた。なぜなら、この政権は汚職がないから」と発言し、物議を醸している。8日付現地紙が報じている。  この発言は7日、大統領府でインフラ省が行う航空新プログラムの発表のイベントで行われた大統領演説でのものだった […]
  • 「国外充電」の可能性強まるモロ2020年10月9日 「国外充電」の可能性強まるモロ  「モロ氏、政界を諦めて米国行きか」。そうした見出しの記事が最近、コラム子の目を惹きつけた。その記事によると、2022年の大統領選で、ボルソナロ大統領の対抗馬にもなりうると期待されているセルジオ・モロ前法相が、家族の願いもあり、政治から離れた世界に身を置くよう求められ、 […]
  • 《ブラジル》最高裁=大統領の供述の審理日は長官に=連警干渉の供述問題で2020年10月6日 《ブラジル》最高裁=大統領の供述の審理日は長官に=連警干渉の供述問題で  最高裁のセルソ・デ・メロ判事は5日、ボルソナロ大統領の連邦警察干渉疑惑に対する事情聴取(供述)のやり方に関する大法廷での審理の期日を、ルイス・フクス長官の判断に委ねる判断を下した。5日付現地紙が報じている。  これは、4月に辞任したセルジオ・モロ前法相が主張する「ボ […]