ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》来年の最低賃金増額か?=予想以上のインフレ亢進で

《ブラジル》来年の最低賃金増額か?=予想以上のインフレ亢進で

 経済省経済政策局が17日、2020年のインフレ率(全国消費者物価指数、INPC)予測を4・10%に引き上げたのに伴い、2021年の最低賃金も見直したと発表した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 書類の保管所新築へ=援協、32万レアルかけて2006年12月14日 書類の保管所新築へ=援協、32万レアルかけて 2006年12月14日付け  傘下施設の膨大な書類管理に頭を悩ませているサンパウロ日伯援護協会(酒井清一会長)は現在、同会施設のやすらぎホームの敷地内に書類保管所の建設をすすめている。 […]
  • コリンチャンス100周年公式本=佐野さんが大抜擢=名ゴールをイラストで2010年4月29日 コリンチャンス100周年公式本=佐野さんが大抜擢=名ゴールをイラストで ニッケイ新聞 2010年4月29日付け […]
  • コラム オーリャ!2009年7月25日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2009年7月25日付け  「早朝から野良仕事でへとへと。でも軍隊あがりの父には逆らえませんでした」。一九二九年、二歳で渡伯した第一回アマゾン移民の山田元さんの貴重な講演を聞いた。 […]
  • 伐採後の小枝などを焼き払った跡地(Arquivo/Agência Brasil)2014年11月1日 アマゾンが水危機と関係=伐採や焼失で機能果たせず=雲が出来ても旅は中断?  アマゾンはもはや南米の気候をつかさどる機能を果たせず、ブラジルは集中治療室(UTI)に入院中―。10月30日にサンパウロ市で発表された『アマゾンの将来の気候』と称する報告書が、アマゾン伐採と全国の異常気象との関係についての警告を発したと10月30日付G1サイトやアジェンシ […]
  • D熱ワクチン開発最終段階に=12州1万7千人に実用検査2015年12月15日 D熱ワクチン開発最終段階に=12州1万7千人に実用検査  ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)は11日、サンパウロ市ブタンタン研究所(B研究所)で製造中のデング熱ワクチン(VD)は1度の接種で四つの型に効くと発表した。国家衛生監督庁も同日、B研究所にVD開発のための最終段階のテスト開始を認めたと12日付伯字 […]