ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ氏の長男の運転手に不審な金の動き=1年で120万レアルも=妻や娘2人も職員に採用=次期大統領夫人に小切手支払も

《ブラジル》ボウソナロ氏の長男の運転手に不審な金の動き=1年で120万レアルも=妻や娘2人も職員に採用=次期大統領夫人に小切手支払も

フラヴィオ氏(中央)(Wilson Dias/Agência Brasil)

フラヴィオ氏(中央)(Wilson Dias/Agência Brasil)

 5日頃から、ジャイール・ボウソナロ次期大統領の長男で次期上議のフラヴィオ氏がリオ州議として雇っていた職員のうち、中心人物ともいえる元運転手が、疑惑の金銭授受を行っていた可能性が取り沙汰されている。さらに、同運転手がボウソナロ氏のミシェル夫人へ疑惑の小切手支払を行っていたことも判明した。6~8日付現地紙などが報じている。

 まずフラヴィオ氏だが、金融活動管理審議会(COAF)の報告書では、同氏がリオ州議として雇っていた運転手兼警備員で軍警のファブリシオ・ジョゼ・カルロス・デ・ケイロス氏が、2016年1月から17年1月までに、フラヴィオ氏の側近に当たる人物7人とのやり取りも含め、約120万レアルもの金を動かしていたことが指摘されている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ