fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》人工呼吸器1台の市が861市=感染者約8千人、死者約3百人

《ブラジル》人工呼吸器1台の市が861市=感染者約8千人、死者約3百人

サンパウロ総合大学も人工呼吸器の量産にかかっている(Raul Gonzalez Lima)

 【既報関連】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症患者の治療には人工呼吸器が欠かせないが、ブラジル全5570市のうち、全病院が保有する人工呼吸器の合計が10台にも満たない市が33%を占めると、2日付現地サイトが報じた。
 国内には全部で6万5411台の人工呼吸器があり、4万6663台は統一医療保健システム(SUS)が保有している。また、3639台はメンテナンス中、もしくは使用できる状態になっていない。
 今後数週間で必要とされる台数を正確に予測することは難しいが、国内の人工呼吸器の分布が不均一なのは確かだ。
 人工呼吸器が1台しかない市も861存在し、全体の47%の人工呼吸器が27州都に集まっている。中でもサンパウロ市、リオ市、ブラジリア、ベロ・オリゾンテ市、レシーフェ市の5市に全体の26%が集中している。
 人口何人あたりに1台の人工呼吸器が備えられているかを州ごとに調査すると、最も充実しているブラジリア(連邦直轄区)でも1420人で、以下、リオ州2303人、サンパウロ州2490人、マット・グロッソ州2503人と続く。
 1台の人工呼吸器を多人数で使い分けなければならないのは、アマパー州9122人、ピアウイ州7285人、マラニョン州6677人などだ。
 保健省は1万7千台の人工呼吸器を取得する予定だが、エンリケ・マンデッタ保健相も、1日の記者会見で、「8千台の購入を前倒しした。患者が増えている州や州都を落ち着かせるのには十分なはずだ」と語った。
 なお、2日午後4時時点での保健省の発表では、ブラジル国内の感染者は7910人、死者は299人だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾2020年10月28日 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾  最高裁が新型コロナウイルスのワクチン接種を国民に義務化させるか否かの審理を行う意向で、現状では大半の判事が義務化を支持しているという。27日付現地紙が報じている。  新型コロナウイルスに対する予防接種を義務化するか否かの議論は、今月16日にジョアン・ドリア・サンパウ […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • こどものその=すき焼き販売締め切り5日=本格食材2人分で具沢山2020年10月28日 こどものその=すき焼き販売締め切り5日=本格食材2人分で具沢山  社会福祉法人「こどものその」(小田セルジオ会長)は、11月8日に日本食のすき焼き販売「SUKIYAKI A MODA DO […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後2020年10月27日 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後  ボルソナロ大統領とジョアン・ドリア・サンパウロ州知事との間で、新型コロナウイルスに対するワクチンを巡る争いが激化する中、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)が、ドリア知事が推進する中国製ワクチン「コロナバック」の中国からの輸入を認めた。24日付現地紙が報じている。 […]
  • 東西南北2020年10月27日 東西南北  ハロウィンもまだ終わっていないのに、サンパウロ市セントロの3月25日通りや市内の各ショッピングセンターではもう、クリスマス商戦がはじまっている。場所によってはもうクリスマスツリーが飾られているし、パネトーネも店頭に並びはじめて久しい。例年よりもかなり早い展開だ。関係者はその理 […]