ホーム | 日系社会ニュース | 桑名在サンパウロ総領事が史料館訪問=苦労実感、サッペー小屋に感銘

桑名在サンパウロ総領事が史料館訪問=苦労実感、サッペー小屋に感銘

サッペー小屋で説明を受ける総領事(左奥)

サッペー小屋で説明を受ける総領事(左奥)

 在サンパウロ総領事館の桑名良輔総領事(神奈川県、58歳)は10月28日、ブラジル日本移民史料館(山下リジア玲子運営委員長)を訪問し、約2時間ほど交流し、見学した。
 同館を統括するブラジル日本文化福祉協会の石川レナト会長は、まず文協ビル内4階の茶道裏千家センターへ、総領事とJICAの佐藤洋史所長を招き、薄茶と生八ツ橋を食べながら談笑した。総領事は「母が茶道を習っていたので、よく家で薄茶を飲んでいた。久しぶりに飲んで懐かしく感じた。この日本文化を伝え続けて」と語った。
 続いて、山下運営委員長が移民史料館を案内し、総領事は熱心に聞き入っていた。中でも、入植当時のサッペー小屋を見学している際、石川会長が「小さい頃は、実際にこのような家に家族で住んでいました。井戸も家にないので、一日は水くみから始まりました。毎朝汗だくになりながら何回も行いましたよ」との思い出を語った。
 総領事は「こういう環境の中で、文句も言わずに真面目に働いたから今の信頼があるのですね。本当に頭が下がります」と感慨深そうに感想を述べた。
 最後に9階の企画展示スペースで記帳をし、文協副会長の西尾ロベルト義弘氏や文協農業関連交流委員会委員長の桂川富夫氏らと談笑した。
 桑名総領事は「実際に使っていた道具、暮らしていた家などを拝見し、先駆者の過酷な生活を改めて肌で感じました。これが原点となって今の日系社会が作り上げられたとリアルに感じられ敬服しました。この史料館を維持し、移民史を後世に伝えていただきたい」と感銘を受けた様子で語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今2020年12月3日 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今  例年なら7月1日に調整されるサンパウロ州の州道の通行料が、新型コロナのために5カ月先延ばしされ、12月1日に調整された。  料金調整の対象となったのはアンシエッタ、イミグランテス、アニャンゲーラ、バンデイランテス、プレジデンテ・カステロ・ブランコ、ラポゾ・タヴァレス […]
  • 東西南北2020年12月3日 東西南北  大半が10代だった若者9人が犠牲になった、サンパウロ市西部にある巨大ファベーラ、パライゾーポリスでのファンキ・パーティ圧死事件から、1日でちょうど1年が経過した。狭い会場に逃げ込んだ麻薬密売者を追いつめようと、軍警が無理な追跡を行った結果、逃げ惑ったパーティ参加者らが貧民街の […]
  • 土佐祭り第1弾盛大に配信=ライブは1800人が視聴=感染拡大で第2弾は延期縮小へ2020年12月3日 土佐祭り第1弾盛大に配信=ライブは1800人が視聴=感染拡大で第2弾は延期縮小へ  「ライブでは多くの人にご視聴いただき、本当に感謝しかありません」――高知県人会の片山アルナルド会長(二世、75歳)は来社して、そう謝辞をのべた。外出自粛令が発令されて9カ月が経つコロナ禍で、県人会の中でも一番イベントを多く行っている高知県人会。土佐祭り第1弾を11月2 […]
  • 実録寄稿=高額アイフォン取り戻す=アフリカンマフィア暗躍?!2020年12月3日 実録寄稿=高額アイフォン取り戻す=アフリカンマフィア暗躍?!  サンパウロ市在住の女性移住者から、次のような体験談が送られてきた。その外国人移民の友人は高額なアイフォン(アップル社製スマホ)を強盗に盗られ、なんと取り返した。生々しい顛末は、以下の通り。(編集部)  「友人Hがフェイスブックのビデオで絶叫していた。一体、彼の身に何 […]
  • 文協美食ライブ「天丼」=白石テルマ氏のレシピで2020年12月3日 文協美食ライブ「天丼」=白石テルマ氏のレシピで  10日(木)20時にブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)のSNS上で、和食レシピを紹介するシリーズ「ガストロノミア・ノ・文協」で「天丼」の作り方が動画で視聴できる。  今年最後の同放送では、サンパウロ市のジャパン・ハウス内にある和食レストラン藍染のオーナ […]