ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領が諜報機関を私的に流用?=長男の容疑もみ消すため=極秘報告書で人事改変推奨

《ブラジル》大統領が諜報機関を私的に流用?=長男の容疑もみ消すため=極秘報告書で人事改変推奨

ラマジェム氏(Valter Campanato)

 ブラジル情報局(ABIN)が、ボルソナロ大統領長男のフラヴィオ上議を不正資金疑惑から守るため、上議本人とその弁護士向けに少なくとも二つの報告書を出していたことが報じられた。国家諜報機関を、身内の容疑もみ消しという私的な目的で使用したと見られる行為は大きな波紋を投げかけている。11〜14日付現地紙、サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ