ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》法定アマゾン伐採は5月新記録=公式統計は前年上回る可能性

《ブラジル》法定アマゾン伐採は5月新記録=公式統計は前年上回る可能性

 【既報関連】国立宇宙研究所(Inpe)が12日に発表した伐採監視システム(Deter)のデータによると、5月の法定アマゾンの森林伐採面積は828・97平方キロで、5月の月間新記録だったと同日付現地サイトが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • EU・メルコスル貿易協定=「アマゾンの森林伐採増加で困難に」=ボウソナロの歩み寄り不可欠2020年6月12日 EU・メルコスル貿易協定=「アマゾンの森林伐採増加で困難に」=ボウソナロの歩み寄り不可欠  法定アマゾンでの森林伐採増加で、南米共同市場(メルコスル)と欧州共同体(EU)との貿易協定の締結が難しくなっていると、10日付ブラジル国内サイトが報じている。  メルコスルとEUは今月末にも貿易協定を結ぶ方向で話が進んでいる。EUとの貿易協定締結はメルコスルにとっては20年 […]
  • 《ブラジル》駐米大使がようやく決まる=大統領三男の騒動などもあり2020年2月15日 《ブラジル》駐米大使がようやく決まる=大統領三男の騒動などもあり  13日、上院外交委員会でのサバチーナ(口頭試問会)で、ネストル・フォルステル氏が満場一致で駐米ブラジル大使に認められた。ボウソナロ大統領は同職に三男エドゥアルド下議をと熱望していたが、諸般の事情でかなわず、人事が停滞していた。14日付現地紙が報じている。  同職は昨年4月、 […]
  • アマゾン森林伐採=1~9月は前年比93%も増える=9月ひとつきでも約2倍に2019年10月15日 アマゾン森林伐採=1~9月は前年比93%も増える=9月ひとつきでも約2倍に  【既報関連】今年1月~9月の法定アマゾンの森林伐採が93%増加したと、11日付現地紙が報じている。  今年最初の9カ月間のアマゾンでの森林伐採面積は7853平方キロメートルで、前年同期の4075平方キロメートルと比べて93%増加したことになる。  また、9月だけの比較だと […]
  • オーストリア=EUと南米諸国の貿易協定に待った=「ブラジルはアマゾン保護に消極的」と批判2019年9月21日 オーストリア=EUと南米諸国の貿易協定に待った=「ブラジルはアマゾン保護に消極的」と批判  中欧オーストリアの国民議会が、欧州連合(EU)と南米南部共同市場(メルコスル)との間で結ばれた自由貿易協定合意に反対する決議案を承認したと、20日付ブラジル紙が報じた。  オーストリア政府に対し、EUの方針に反対することを義務付ける決議案は、EU関連の問題を検討する委員会に […]
  • サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に2019年8月29日 サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に  リカルド・サレス環境相(44)が27日夜、ブラジリアの病院に緊急入院した。28日付現地サイトが報じている。  サレス環境相は27日の午後11時過ぎ、ブラジリアの軍病院に入院した。「気分が悪くなった」とのことで、特に目立って大きな症状があるわけではなかったというが、入院させる […]