ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市地下鉄5号線=1億レアル超の損害で総裁ら被告人に=レール幅異なる車両購入=使用せず保証期限切れ=州検察の告発を地裁が受理

サンパウロ市地下鉄5号線=1億レアル超の損害で総裁ら被告人に=レール幅異なる車両購入=使用せず保証期限切れ=州検察の告発を地裁が受理

建設中の5号線のシャカラ・クラビン駅(Eduardo Saraiva/A2IMG)

建設中の5号線のシャカラ・クラビン駅(Eduardo Saraiva/A2IMG)

 地下鉄の車両購入に伴う不手際で、州財政に6億レアル以上の損害を出したとして、サンパウロ州都市交通局長のクロドアルド・ペリシオーニ氏や、サンパウロ市地下鉄(メトロポリタン公社・以下メトロ)総裁のパウロ・フィゲイレド氏ら、9人を対象とした起訴状を、サンパウロ州地裁が受理したと、19日付現地各紙が報じた。

 サンパウロ州検察局が提出した起訴状には、11年7月にメトロが5号線用に購入した26両の車両が使われずに放置され、6億1500万レアルの損害が生じたと記されている(被告人の罪状は「不適切行政」)。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ