ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ポウパンサ導入から160年=低金利下では最も有利な貯蓄法

《ブラジル》ポウパンサ導入から160年=低金利下では最も有利な貯蓄法

昔のポウパンサの通帳(Arquivo/Caixa Economica Federal)

ブラジル人が最も良く利用する貯蓄法で、必要な時にはすぐ引き出せ、少額しか貯蓄できない人にも心強い味方のポウパンサ(貯蓄預金)が、12日に導入160年を迎えた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ