ホーム | 日系社会ニュース | 茶道裏千家が初釜開催=会員限定で60人が参加=クイアの茶器でしめやかに

茶道裏千家が初釜開催=会員限定で60人が参加=クイアの茶器でしめやかに

茶を点てる林宗一会長

茶を点てる林宗一会長

 茶道裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)は「初点・初釜(はつだて・はつがま)新年会」を17日11時から、ブラジル日本文化福祉協会の貴賓室で開催した。今年はコロナ禍のため会員限定で60人ほどが参加した。貴賓室の舞台上には腰掛と抹茶や茶菓子を置くテーブルが設置され、椅子に座る形式の立礼式(りゅうれいしき)式で数回にわけて、しめやかに茶の提供が行われた。入れ替わりの際にはテーブルのアルコール消毒が行われた。


 「何だか食べるのが勿体無いですね」。そんな声が、干菓子をみた茶席の参加者から上がった。干菓子は煎餅と落雁で、一センチほどの梅型の落雁には、よく目を凝らすと、今年の干支の牛が浮き彫りで施されている。
 マナウスから取り寄せたクイアの茶器で提供し、飲んだ後の器はお土産に持ち帰れるようになっている。同センターの林宗一会長は「コロナ禍の感染拡大防止策のひとつとして茶器を持って帰れるようにしました」と趣旨を説明する。
 同会のために、抹茶を入れる容器「棗」はアフガニスタンから取り寄せられ、南米にはブラジルにしかないという「和親棚」を使用している。
 「和親棚」は茶を点てる際に使う道具を置くもの。現家元の16代目千宗室(斎号・坐忘斎)宗匠が考案した、洋間にも合う現代の生活様式にあわせて考案した立礼式向けの棚だ。
 林代表は日本語とポルトガル語を交互に交え挨拶、「お茶会の楽しみの一つは共に集い無事を確認すること」と挙げ、コロナ禍で集まりづらい時勢だが「皆様の元気な姿にお会いすることでき幸甚です」と開催の喜びを表した。
 エリソン・トンプソン・デ・リマ副理事長も日本語で、干支にちなんで「牛歩は遅くとも着実な歩みというように堅実さと誠実さの象徴です」と説明し、「新年が持つ不思議なエネルギーによって、喜びが溢れる事を願っています」と新年を祝った。
 抹茶席の後は許状(きょじょう)引継ぎ式が行われ、壇上に16人が登壇し、許状が渡された。茶道にも級が設けられているが、許状を受けると次の段階の稽古を受ける事が可能となる。


大耳小耳 関連コラム
    ◎
 当日の参加者の中には、駐在員の子ども向けスポーツ教室「アレグリア・スポーツ・アカデミー」で講師をしている古庄亨さんも許状引継ぎ式のため参加。初の日本人ゴールキーパーとしてバスコ・ダ・ガマ(リオ)にも所属していた経歴を持つ古庄さんは、一昨年から稽古をはじめたという。以前はスポーツ教室と並行してカフェを経営しており、京都出身というのもあって茶道について聞かれる機会が多く「日本人として説明できないと」と思い至り参加したのが切っ掛けだという。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領2021年2月27日 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領  昨年2月26日の新型コロナの初感染者確認から丸1年。この24日には死者数が25万人の大台を超え、7日間の平均死者数が過去最多を記録して昨年のピーク時よりも明らかに酷い記録を更新中の25日、ボルソナロ大統領は今更ながらにマスク着用に否定的な発言を定例ライブで語り、メディ […]
  • 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪2021年2月27日 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪  地理統計院(IBGE)が26日、20年第4四半期の失業率は13・9%で第3四半期の14・6%より低下したが、年間平均は13・5%で、12年の統計開始以降で最悪だったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  18年の平均失業率は12・3%、19年は11・9%で、失業率は低下傾 […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫2021年2月27日 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫 芯からの愛の心  人間誰にも脳と心がある。真心、見せ掛けの心、欲心、悪心、様々な心がある。それを見抜くのが脳である。  先ずは親子愛の真心、どんな罪人の子でも親にとっては芯からの愛の心がある。目の中に入れても痛くないほど可愛い孫。  幼い頃からオジーオバーにす […]