ホーム | 日系社会ニュース | HSC=プラザッキからプレベントに=契約移転後も条件変わらず

HSC=プラザッキからプレベントに=契約移転後も条件変わらず

プラザッキサイトのトップページ

プラザッキサイトのトップページ

 サンタクルス病院(HSC、石川レナト理事長)は、プラザッキ(Plasac、サンタクルス医療保険契約)の運営を、サンタクルス日伯慈善協会から民間健康保健会社のプレベント・セニョール(Prevent Senior)へ2月1日(月)から移転することを発表した。
 運営会社の移転後も当面、これまでプラザッキに加入していた被保険者8千人への保険料の変更はない。保険待機期間(カレンシア)についても加入日が引き継がれる。
 引き続きHSCの利用は可能となっている。以前は同院敷地外のプラザッキ専用診療所(Rua Loefgreen 1009 vila mariana )で対応していたが、運営移転後は同診療所を閉鎖し、HSC内での受診が可能に。加えて、プレベント・セニョールのネットワーク及び認定機関への利用が可能となった。
 石川レナトHSC病院理事長は、「移転は細心の評価基準を持って行われ、以前から加入されていた方の条件はもちろんそのままに、より良いサービスを受ける事ができます」と説明する。
 なお、プラザッキの新規加入は募集しておらず、この条件はこれまでプラザッキに加入していた人のみに適用される。
 保健移行に関する問合わせ窓口は旧プラザッキ・ビル(月~金曜日、午前8時~午後5時半)もしくは電話(11・5080・2493、5080・2480)まで。対応はポルトガル語のみ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]
  • ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去2020年12月11日 ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去  元商社マンで元本紙営業部長、南米浄土真宗本願寺(西本願寺)の僧侶としても活動していた中野超証((ちょうしょう)晃治(こうじ))さんが、10日午前11時頃、心臓発作のためサンパウロ市内のサンタクルス病院で亡くなった。行年84歳。  中野さんは広島県出身。1958年にコ […]
  • 秋の叙勲=多彩な分野から12人受勲=安部元下議、山村氏、ヨコタ氏ら=音楽、交流、金融、学術など2020年11月4日 秋の叙勲=多彩な分野から12人受勲=安部元下議、山村氏、ヨコタ氏ら=音楽、交流、金融、学術など  日本政府は秋の叙勲受章者を3日に発表した。ブラジルからは邦人叙勲5人、外国人受勲7人の12人が受勲した。受勲者と功績は次の通り。(敬称略)   【日本国大使館推薦叙勲受章者】 〈邦人叙勲〉 ▽平駒治(89)=旭日双光章=元ブラジリア日伯文化協会会長、 […]
  • ジャパンハウスすでに再開=衛生強化、段階的に営業拡張2020年10月28日 ジャパンハウスすでに再開=衛生強化、段階的に営業拡張  20日(火)、聖市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が再開された。政府衛生局が示す感染対策ガイドラインを遵守した上で、サンタクルス病院の感染症課へ指導を依頼して更なる安全強化へ取り組んでいる。  前日の19日には、ユクルッグ館長やナター […]
  • 「中南米日系社会とともに歩む」=JICA広報誌mundi2020年10月17日 「中南米日系社会とともに歩む」=JICA広報誌mundi  独立行政法人国際協力機構(JICA)が毎月発行する広報誌『mundi(ムンディ)』10月号(22ページ)が発刊された。今号は「中南米 日系社会とともに歩む」特集で、様々な角度から南米と日本の関係を、日系社会を軸に紹介している。  北米・南米を中心に推定360万人以上 […]