ホーム | 日系社会ニュース | 「日本サッカー抜本的改革を!」=札幌大柴田名誉教授が提言=リオ五輪での雪辱を願う=「窮地に強い底力が必要」
来伯した一団(前列左端が柴田さん、26日聖市内の飲食店で)
来伯した一団(前列左端が柴田さん、26日聖市内の飲食店で)

「日本サッカー抜本的改革を!」=札幌大柴田名誉教授が提言=リオ五輪での雪辱を願う=「窮地に強い底力が必要」

 サロンフットボールを日本に導入したことなどで知られる札幌大学名誉教授の柴田勗さん(つとむ、81、北海道)がW杯観戦のため、北海道サッカー協会員や指導者など13人を伴い、27回目の来伯をした。6月27日まで約2週間の滞在で日本戦全3試合を現地観戦した同氏は、C組最下位で終えた日本代表に関し、抜本的な育成改革を求めた。

 同大サッカー部の監督だった73年ごろから伯人留学生を受け入れ、室内サッカー「サロンフットボール」を日本で初めて導入した。『ブラジルサッカー総覧―ブラジルサッカーの歴史から用語まで』(河出書房新社、01年)の著書でも知られる。当地開催が決定した07年から現地観戦を決めていたという。
 「在外公館を通じ治安面の注意喚起、デモやストによる危険性が広報されてきたが、ブラジルのことだから大会が始まれば落ち着くだろうと思っていた。予想通り大きな事件もなく進行しているね」とブラジル社会の現状には満足した様子だが、日本代表の成績には表情を曇らす。
 「1年前、コンフェデ杯で露呈した守備の修正がついに出来なかった。個人技や心身も一から鍛え直さねば。そのためには育成年代(10代)から指導方針の根本的な見直しが必要。次回ロシア大会まで出直しだ」と悔しさを滲ませながら提言する。
 今後に向け「国際大会でも結果を出しているU―17(17歳以下)は最も注目。まずこの世代を世界に通用する集団に育てなければ。16年リオ五輪に臨むU―23(23歳以下)チームは、この世代からも選出される可能性もある。W杯で敗退したフル代表の雪辱を」と期待した。
 柴田名誉教授とともに3試合を観戦した北海道サッカー協会の評議員の武部豊樹さん(63)と監事の伊賀猛さん(79、ともに北海道)は、100年に及ぶ伯国サッカー界の歴史に感銘を受けたという。
 「パカエンブー競技場やサントスFCのサッカー博物館にも足を運び、偉大な名選手らや優勝杯の数々を目の当たりにした。プロリーグ発足から20年少々の日本と比べると、その差は歴然」と痛感した様子。
 「ストリートサッカーで育った伯人選手と、教育管理下に置かれ育った日本人選手。土壇場に強いのはどちらか。日本代表は窮地に弱かった」と底力のなさを問題視した。「そもそもクラブチームが100年間続くこと自体驚き。それだけサッカー文化、情熱が国全体に広がり深く浸透しているのだろう」と感想を述べ、さらなるサッカー文化普及への思いを新たにしたようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 昨年11月オーストリア戦で指揮をとるドゥンガ監督2015年1月7日 屈辱の7対1を乗り越えて=なるかサッカー王国復権=監督ドゥンガにかかる重責  64年ぶりの自国開催のサッカーワールドカップで、通算6度目の優勝を至上命題として挑んだ伯国代表(セレソン)だったが、無残にも準決勝でドイツに記録的大差の7対1で敗れ、その夢はついえた。新年に続々と控える公式戦に向けて、新生カナリヤ軍団の行方、かじ取りを予想してみた。 時に […]
  • リオ五輪=男女サッカー組み分け抽選行われる=日本男子は対戦相手も、会場も苦しく2016年4月15日 リオ五輪=男女サッカー組み分け抽選行われる=日本男子は対戦相手も、会場も苦しく  リオ五輪開会式に2日先立ち、8月3日に開幕するリオ五輪男女サッカーの組み合わせ抽選会が、14日午前、リオ・デ・ジャネイロ市のマラカナンスタジアムで行われた。 日本が惜しくも出場を逃した女子では、開催国のブラジルがスウェーデン、南アフリカ、中国と共にE組を形成する。 サッカーの […]
  • リオ五輪サッカーのOA枠は?=ドゥンガが考えているのはこの3人2016年1月6日 リオ五輪サッカーのOA枠は?=ドゥンガが考えているのはこの3人  2016年に入り、そろそろリオ五輪のことも気になりはじめる頃だが、サッカー・セレソンのドゥンガ監督は既に、リオ五輪のオーバー・エイジ枠(24歳以上、正確には92年12月31日までの生まれ)の3選手を決めているという。 ブラジルのメディアが報じている3選手とは、ゴールキーパーの […]
  • 積極攻撃型の五輪セレソン=アメリカ代表を5点で撃破2015年11月18日 積極攻撃型の五輪セレソン=アメリカ代表を5点で撃破  W杯サッカー南米予選の第3、4節と並行して五輪セレソンのアメリカ代表との親善試合が行われており、第2戦となった15日のパラー州ベレンでのゲームでは、ヤング・セレソンの攻撃力が炸裂した。 11日に行われた1戦目は2点を先取したセレソンがディフェンダーの退場で数的不利となり、なん […]
  • サッカーブラジル代表=33得点決めても声がかからない?=険しいW杯代表23人への道2018年5月8日 サッカーブラジル代表=33得点決めても声がかからない?=険しいW杯代表23人への道  サッカーのブラジル代表のW杯のメンバー23人の発表は来週14日に行われる。ここでは、他の国ならば当然選ばれるだけの実績を残しながらも、ブラジルのレベルがあまりに高く、代表入りが難しい選手を紹介しよう。 […]