ホーム | コラム | 樹海 | そして、すべては振り出しに戻った

そして、すべては振り出しに戻った

リラ氏(Marcelo Camargo)

リラ氏(Marcelo Camargo)

 「結局、あのときのデモは一体なんだったんだろう」。今回の下院、上院議長選を見るにつけ、そう思わずにはいられない。
18年の大統領選の際、「もう不正に溢れた古い政治はこりごりだ」と、伯国旗の緑と黄色の服をまとってボルソナロ氏を支持する行進をした人たち。いや、その前の2016年にジウマ政権打倒を求めてデモをした人たち。
さらに言えば、2013年のサッカーのコンフェデ杯の際に毎日抗議活動を展開して世界中の注目まで集めた人たち。そうした人たちにとって、今回の議長選の結果、伯国政治がたどり着いたものに満足な人はどのくらいいるのだろうか。
「古い政治の打倒」を叫んで支持を得たボルソナロ大統領は結局、「政界で最も汚い」との悪名高い中道勢力セントロンにすり寄り、自身の推すアルトゥール・リラ氏(進歩党・PP)を通したいがあまりに、コロナのパンデミックでただせさえ金が足りない中、285人もの議員に総額30億レアルもの議員割当金などの開放を約束した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • リオ復興のシンボルが廃墟に=五輪直後の保守作業で停止したまま=貧困地区のロープウェイ2021年4月30日 リオ復興のシンボルが廃墟に=五輪直後の保守作業で停止したまま=貧困地区のロープウェイ  リオ市北部アレモン地区のロープウェイが、2016年から5年間営業を停止したまま再開のめどが立たず廃墟と化している。リオ市でも最も貧しい地区である同地に総工費2億1千万レアルを投じて2011年7月に開業した。3・5キロに及ぶロープウェイは17の貧困コミュニティをつなぎ、 […]
  • 東西南北2021年4月24日 東西南北 □関連コラム□大耳小耳  コロナウイルスによる病床占有率低下に伴い、サンパウロ州では徐々に外出規制が緩和されつつある。18日にはショッピングセンターや一般商店の営業が再開され、宗教施設での集会も認められた。今日24日からは美容院やジム、レストランやバー、公園も再開される。再開 […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]