ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ州=半数のレストランが従業員解雇=コロナ禍による減収・経営難で

リオ州=半数のレストランが従業員解雇=コロナ禍による減収・経営難で

生き残るために様々な対応を迫られるレストラン(Fernando Frazao/Agencia Brasil)

 全国レストラン協会(ANR)とリオ州バー・レストラン組合(SindRio)の調査により、新型コロナの感染拡大が始まった20年3月以降、同州のレストランの24%は収益が50~75%減少しており、26~50%の減益となった店も22%あった事が分かった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ