ホーム | ブラジル国内ニュース | 《エクアドル》大統領選 アラウス氏有利で決選投票へ=大規模デモの後、左派に流れ

《エクアドル》大統領選 アラウス氏有利で決選投票へ=大規模デモの後、左派に流れ

 7日、エクアドルで大統領選の一次投票が行われ、ラファエル・コレア元大統領推薦の左派候補、アンドレス・アラウス氏(36)がリードしたまま、4月11日の決選投票に進むことになった。8日付現地紙、サイトが報じている。
 トップのアラウス氏は、ブラジリア時間の8日午前5時50分、開票率97・38%の時点で32・21%を獲得している。同国の法律では、40%以上の得票率で2位以下に10%以上の差をつけていれば一次投票での当選となるが、そこには至らなかった。
 アラウス氏はコレア氏が2018年に結党した政党「市民革命運動(CRM)」の候補だ。エクアドルは2007年以降、左派政党の「PAISアリアンス」が政権を握っていたが、2017年に大統領に就任したレーニン・モレノ氏が新自由主義経済に舵を取り、保守化。2019年には燃料価格高騰に抗議するデモが暴徒化するなど、成果を出せていない。

 現政権で国内が混乱するのを見て、コレア氏は離党し、CRMを結党したが、コレア氏自身はエクアドル版のラヴァ・ジャット作戦で収賄容疑に問われ、2018年からベルギーに亡命中だ。同氏は2007年から17年まで同国の大統領をつとめていた。
 2位はパチャクティク(先住民統合運動)から出馬のジャク・ペレス氏(51)と中道右派政党・クレオ21から出馬のギジェルモ・ラソ氏(65)が共に19%後半台の熾烈な争いを展開している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 経済競争力125カ国中66位=昨年より9位低下=途上国多数の後塵拝す=低成長が最大要因2006年9月28日 経済競争力125カ国中66位=昨年より9位低下=途上国多数の後塵拝す=低成長が最大要因 2006年9月28日付け […]
  • 《ブラジル》カーニバルでのテロ画策=イスラム国との連携試みる?=検察が容疑者11人を告発2018年5月18日 《ブラジル》カーニバルでのテロ画策=イスラム国との連携試みる?=検察が容疑者11人を告発  ブラジル連邦検察庁が、過激派組織のISIL(イラク・レバントのイスラム国)との連携やリクルートを試みるブラジル人11人を、犯罪組織形成とテロ画策などの容疑で告発した。17日付エスタード紙が報じている。  11人中7人は昨年の10月以降、一時的に身柄を拘束されたりした […]
  • 東西南北2018年7月24日 東西南北  サンパウロ市地下鉄の発表によると、毎年発表している1月1日から6月11日までの期間における、同地下鉄における重大な故障の発生状況が、2000年の統計開始以来、過去最悪になっていたことがわかった。今年発生した故障は44件で、計61時間にわたり、乗客が迷惑を被ったことになったとい […]
  • 大耳小耳2014年5月7日 大耳小耳  アジア中心に、欧米諸国にも普及しつつあるという錦鯉。審査員として来伯した大町さんによれば、「米国はペット感覚、英国は品評会による表彰を重視」など、各国により捉え方に違いがあるという。中国では縁起物とされ、富豪のステータスとしてすっかり定着した模様。ブラジルは取り急ぎ、錦鯉 […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]