ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》マリエレ市議殺害犯が陪審裁判に=3年経ても全容解明せぬまま

《リオ市》マリエレ市議殺害犯が陪審裁判に=3年経ても全容解明せぬまま

実行犯のレッサ被告とケイロス被告(左から、9日付G1サイトの記事の一部)

 リオ州地裁が9日、2018年3月14日に起きたマリエレ・フランコ市議と運転手のアンデルソン・ゴメス氏殺害事件の実行犯二人を、陪審裁判に回す事を確定した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ