ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》中銀独立案が可決、権限強化へ=連邦政府に左右されない存在に

《ブラジル》中銀独立案が可決、権限強化へ=連邦政府に左右されない存在に

 下院で10日、中央銀行の独立性を認める法案が賛成多数で承認された。この法案が成立すると、総裁や理事などの任期が大統領の任期に左右されなくなるなどの違いが出てくる。10、11日付現地紙、サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ