ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=車での移動は28%減少?=向こう10年間の可能性探る

サンパウロ市=車での移動は28%減少?=向こう10年間の可能性探る

 コンサルタント会社Kantarが世界31市の住民に交通機関の利用に関する聞き取り調査を行った結果、サンパウロ市では、向こう10年間で車での移動が28%減るとの予測を発表した。
 同社によると、サンパウロは世界で3番目に、交通機関の利用形態を変える事に対する柔軟性が高いという。柔軟性が最も高かったのは英国のマンチェスターで、2位はロシアのモスクワだ。
 ただし、実際に変化すると信じる人の割合(信頼度)は、31市中で最も低かった。
 サンパウロ市での調査はブラジル世論調査・統計機関(Ibope)が行い、最も増えるのは自転車の47%で、公共交通機関を使うは10%、徒歩で移動するも25%増えるという。
 世界31市の平均は、車での移動が10%減って、公共交通機関の利用が49%、自転車の利用が18%、徒歩での移動が6%増えるという。
 ブラジル消費者保護協会(Idec)の市街地移動に関する調査のコーディネーター、ラファエル・カラブリア氏によれば、「移動手段を車以外のものに切り替えようと思っているのに、実際には切り替えないのは、車に代わる交通手段への投資がされていないから。最も比重が重いのは市街地のインフラだから、積極的な投資が必要だ」という。
 2018年の統計によると、サンパウロ市民は毎日の通勤や通学などに平均3時間を費やしている。市内の渋滞を引き起こす主要要因は車だが、一般市民が最も頻繁に使うのは、バスや地下鉄などの公共交通機関だ。
 最新データによれば、バスを使う人は47%。以下、車22%、地下鉄8%、徒歩4%、列車2%となっている。(17日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任2020年9月19日 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任  共同通信サンパウロ市局長の小西大輔さん(50、石川県出身)の帰国にあたり、後任の中川千歳さん(42、千葉県出身)と共に来社した。  新支局長の中川さんは2010年から11年はテヘラン支局、14年から17年のロサンゼルス支局を経て、サンパウロ支局は3回目の海外赴任。し […]
  • 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加2020年9月18日 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。  国立宇宙研究所(Inpe)のデータによると、サンパウロ州では1月から9月15日までに4293件の森林火災が記録された。昨年同期の火災は2020件だから、今年の火災 […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]