ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁刑執行投票=ローザ判事が判断覆す=2審有罪での刑執行認めず=現状では執行派が1票リードも=審理の続きは11月に

《ブラジル》最高裁刑執行投票=ローザ判事が判断覆す=2審有罪での刑執行認めず=現状では執行派が1票リードも=審理の続きは11月に

ローザ・ウェベル判事(Roberto Jayme/Ascom/TSE)

 「2審有罪判決での刑執行か否か」を問う最高裁での審理は、23日から具体的な投票がはじまった。24日が終った時点では4対3で「刑執行」が上回っているが、18年4月に行われた「ルーラ元大統領に人身保護令適用か」の判断では「適用しない」に票を投じたローザ・ウェベル判事が、「2審の段階では刑は執行しない」に回ったことで、審理の行方がわからなくなっている。25日付現地紙が報じている。

 同件の審理の報告官はマルコ・アウレーリオ判事で、23日の投票は同判事の票からはじまった。かねてから、憲法が定める「被告が控訴できなくなった場合に刑執行」を唱えている同判事は「執行できない」との判断を下した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ