ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》リオ漁師の遺体をSC州で発見=海で行方不明になって6週間後

《ブラジル》リオ漁師の遺体をSC州で発見=海で行方不明になって6週間後

 2月下旬にサンタカタリーナ州で発見された遺体が、1月にリオ州で行方不明になっていた3人の漁師のうちの1人のものであることが判明した。1、2日付現地紙、サイトが報じている。
 漁師の遺体は、2月25日午前7時頃、サンタカタリーナ州フロリアノーポリスのモレ海岸で発見された。遺体は高波の中、浮きに絡まった状態で見つかった。

 検死に当たったフロリアノーポリスの法医学研究所によると、遺体は腐食が進んでいたことから身元解明がきわめて困難で、家族が提供した歯型のレントゲン写真を使って鑑定した。その結果、24時間後にこの遺体がリオの漁師マルセロ・ダ・シウヴァ・バルボーザさん(38)のものであることが明らかとなった。歯形の情報は指紋やDNAによる鑑定同様、身元を確定するために使われる。
 マルセロさんは1月13日、2人の漁師とともにリオのアモーレス海岸から「レサッカ1」という名の小型の船に乗って外海に出たが、この日の午後3時頃に姿を見かけられたのを最後に行方不明となっていた。遺体が発見されたのはそれから約6週間後のことだ。マルセロさんの遺体は1日に、地元の墓地に埋葬された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イベント情報2019年8月8日 イベント情報 EXPOSIÇÃO   TSUYOSHI TANE – ARQUEOLOGIA DO FUTURO – MEMÓRIA & VISÃO Onde: Japan House São Paulo (Avenida Paulista 52, 2º […]
  • 《ブラジルサッカー》ブラジル杯準決勝第1試合が終了=ライバル対決が、決勝で実現か?2019年8月16日 《ブラジルサッカー》ブラジル杯準決勝第1試合が終了=ライバル対決が、決勝で実現か?  8月7日と14日に、サッカーブラジル杯の準決勝第1試合が行われた。  7日に行われたのはクルゼイロ対インテルナシオナルの一戦で、地元のクルゼイロが0対1で敗れた。クルゼイロはブラジル杯を連覇中で、名将マノ・メネゼスが3年以上指揮をとるなど、戦術の浸透度も他のチームに […]
  • 東西南北2006年11月11日 東西南北 2006年11月11日付け […]
  • GLAの映像の集い、19日=「あなたがそこで生きる理由」2017年11月17日 GLAの映像の集い、19日=「あなたがそこで生きる理由」  宗教法人GLAのブラジル支部(尾田嘉雄理事長)が『2017高橋佳子講演会映像の集い』を19日午後2時から、リベルダーデ区のFECAP劇場(Av. Liberdade, 532)で行う。参加費30レ。 […]
  • 東西南北2020年2月15日 東西南北  14日付現地紙によると、現在、サンパウロ大都市圏の7水系は、2013~15年の水危機以降で、最も潤沢に水がある状態に回復しているという。カンタレイラ水系の水位がマイナスを記録していた2015年には、7水系全ての総貯水量が最大容量のわずか3・8%という危機的な状況にも陥ったが、 […]