ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》リオ漁師の遺体をSC州で発見=海で行方不明になって6週間後

《ブラジル》リオ漁師の遺体をSC州で発見=海で行方不明になって6週間後

 2月下旬にサンタカタリーナ州で発見された遺体が、1月にリオ州で行方不明になっていた3人の漁師のうちの1人のものであることが判明した。1、2日付現地紙、サイトが報じている。
 漁師の遺体は、2月25日午前7時頃、サンタカタリーナ州フロリアノーポリスのモレ海岸で発見された。遺体は高波の中、浮きに絡まった状態で見つかった。

 検死に当たったフロリアノーポリスの法医学研究所によると、遺体は腐食が進んでいたことから身元解明がきわめて困難で、家族が提供した歯型のレントゲン写真を使って鑑定した。その結果、24時間後にこの遺体がリオの漁師マルセロ・ダ・シウヴァ・バルボーザさん(38)のものであることが明らかとなった。歯形の情報は指紋やDNAによる鑑定同様、身元を確定するために使われる。
 マルセロさんは1月13日、2人の漁師とともにリオのアモーレス海岸から「レサッカ1」という名の小型の船に乗って外海に出たが、この日の午後3時頃に姿を見かけられたのを最後に行方不明となっていた。遺体が発見されたのはそれから約6週間後のことだ。マルセロさんの遺体は1日に、地元の墓地に埋葬された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『椰子樹』2014年10月16日 『椰子樹』  椰子樹9月号(362号)が刊行された。 「わが愛する歌人(14)釋迢空(しゃくちょうくう)」(岡野弘彦)、講演「日系社会の現状と将来」(宮尾進)、題詠「平和」独楽吟「…なきぞかなしき」、作品集ほか。 […]
  • 大耳小耳2017年12月7日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』457号が11月に刊行された。《古海苔を浸して佃煮作るかな》(壇正子)。そういえば、台所の引出しの奥に一昨年もらった海苔が…。《諍いしことも懐かし墓洗う》(湯田南山子)、《愛されて今も惜まる墓洗ふ》(菊地信子)も考えさせられる作品。やはり、墓を見れば生前の人徳が偲 […]
  • 東日本大震災=発災から5年、ブラジルも追悼=復興祈願祭で祈り捧げ=3県知事も復旧状況を報告2016年3月12日 東日本大震災=発災から5年、ブラジルも追悼=復興祈願祭で祈り捧げ=3県知事も復旧状況を報告  甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生からちょうど5年――。被災県である岩手、宮城、福島の3県人会が中心となって11日午後、5周年追悼復興祈願祭を開催した。会場となったサンパウロ市の宮城県人会館には、復興を願う一世を中心に約80人が参加。地球の反対側から祈りが捧げられた。  […]
  • 統一地方選=現職PT市長に強い逆風=党移籍者の方が再選容易2016年10月6日 統一地方選=現職PT市長に強い逆風=党移籍者の方が再選容易  16年の統一地方選では、労働者党(PT)を離党して他政党から出馬した市長の方が、PTで再選を狙った市長より当選率が高かったと5日付エスタード紙が報じた。  今回の選挙では国民の政治不信もあり、再選を狙った市長の再選例は48%と例がない位低い。08年は3人に2人(66%)の市 […]
  • リオ州パラチー=恒例の国際文学祭始まる=エウクリーデス顕彰で開幕=盛り沢山の企画で参加者魅惑2019年7月12日 リオ州パラチー=恒例の国際文学祭始まる=エウクリーデス顕彰で開幕=盛り沢山の企画で参加者魅惑  リオ州パラチーで、10日から14日の日程で第17回国際文学祭が開催されている。  10日午後7時からの開会式では、エウクリーデス・ダ・クーニャへの顕彰の時が持たれ、ヴァウニッセ・ノゲイラ・ガウヴァン氏が基調講演を行った。  ヴァウニッセ氏はその講演の中で、「資本主 […]