ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹

《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹

保健所で再会、予防接種を受けたサンドラさんとシェイラさん(11日付G1サイトの記事の一部)

 新型コロナの感染が始まって以来、1年近く会えなかった74歳の双子の姉妹が、予防接種会場で再会した。
 約1年ぶりとなる再会を果たしたのは、連邦直轄区在住のサンドラ・マリア・ヴァレンテさんとシェイラ・マリア・アルブケルケさんだ。
 いつも一緒にいたのに、300日以上顔を合わせる事ができず、寂しさや悲しみを感じていた二人。そんな二人が再会したのは、74歳の人向けの予防接種が始まった11日。一人はアザ・スル、もう一人は南東部に住んでおり、数キロの距離があるが、この日は二人共、アザ・スルの保健所で予防接種を受けた。

 現在は1回目の接種を受けただけだから、まだ安心はできないし、以前のように、大好きな手芸を一緒に楽しむ事もできない。だが、それでも、この日の再会は、二人にとっては喜びのひと時だった。
 シェイラさんは再会後、「コロナ禍の中での唯一の光は予防接種よ。だから、接種を受けましょう。ブラジル中が私達と同じ状況にいるはずよ。お願いだから、良識を持って、外出を控え、予防接種を受けて」と呼びかけた。(11日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 聖南西総会=15カ月ぶりに対面開催=なんとか生き残る傘下団体=レジストロ仏教婦人会は料理販売を毎月2021年6月8日 聖南西総会=15カ月ぶりに対面開催=なんとか生き残る傘下団体=レジストロ仏教婦人会は料理販売を毎月  「役員会はオンライン開催していましたが、みんな顔が見たいと想いから、2度3度延期となりましたが今回ようやく対面で開催できました」――聖州イビウナ市で開催された聖南西文化体育連盟(UCES)の定期総会後、そう、山村敏明会長は経緯を語った。通常ならば1月に開催だった同連盟 […]
  • 《ブラジル》交響楽団がパンデミック下初の舞台演奏=コンサートの録画を公開2021年5月28日 《ブラジル》交響楽団がパンデミック下初の舞台演奏=コンサートの録画を公開  ブラジル交響楽団(OSB)が20日、新型コロナのパンデミックが始まって以来初めて、舞台で演奏したコンサートを録画し、26日から公式サイトで公開と26日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  OSBはパンデミックが始まってからずっと社会隔離を守り、練習は100%リモ […]
  • 東西南北2021年4月7日 東西南北  3月26日から4月4日にかけて、サンパウロ市では「フェリアドン」と呼ばれる大型10連休が実施された。サンパウロ市の公共交通機関ではその間、乗客数がおよそ3分の1減ったという。この期間中、市内のバスや地下鉄、CPTMでは1日平均123万8千人の利用があったが、それは赤レベル実施 […]
  • 《ブラジル》母から娘への悲しすぎる最後のメッセージ「集中治療室に空きがないの。愛している」2021年3月9日 《ブラジル》母から娘への悲しすぎる最後のメッセージ「集中治療室に空きがないの。愛している」  新型コロナの感染再燃で集中治療室(UTI=ICU)が満杯となり、空きを待つ間に亡くなった女性の長女が母からの最期のメッセージを公表し、外出を避け、感染回避をと呼びかけている。  母のヴァレリアさん(42)と交わしたワッツアップのメッセージを公表したのは、リオ・グラン […]
  • 《ブラジル》新型コロナの二重感染例を確認=30代の女性2人が2種の型で2021年3月6日 《ブラジル》新型コロナの二重感染例を確認=30代の女性2人が2種の型で  ブラジル国内の研究者達が、新型コロナ感染症の患者の中に異なる遺伝子情報を持つ新型コロナウイルス(Sars-CoV-2)に同時に感染する重感染を起こしている患者がいる事を確認した。  重感染は同一の人物の中に複数の型のウイルスが存在するため、別々の時期に異なった型のウ […]