ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》市立校運営補助に母親雇用へ=体温測定や消毒などに5千人

《サンパウロ》市立校運営補助に母親雇用へ=体温測定や消毒などに5千人

 サンパウロ市役所が市立校でのコロナ対策を遂行するため、生徒の母親5千人を雇う意向と16日付G1サイトが報じた。
 同市立校は15日から対面授業を再開したが、校内の清掃作業を請け負った外部業者が授業再開の直前に契約を破棄し、清掃に当たる職員が全然または1人しか出勤しないなどの問題が起き、対面授業再開がかなわなかった学校が多数出た。
 社会的な距離確保や飛沫感染防止のためのインフラ整備なども含めた改修工事の遅れで、対面授業を再開できなかった学校もある。
 だが、市立校が直面している問題は清掃や改修工事だけではない。高リスクで出勤できない教職員がいたりして、人手不足が発生しているのだ。
 そこで浮上したのが、登校時の生徒の体温測定や共同で使う教材・道具類の消毒、社会的な距離を保っているかの監視、マスクの正しい使用法の指導、手指消毒の徹底といった作業を行うため、月1千レアル程度の給与を払って生徒達の母親を雇うという案だ。

 この案はまだ詳細を検討中だが、失業中の母親に職を提供するという意味でも前向きにとらえられている。同市教育局は、このプロジェクトの詳細を近日中に発表する意向だ。
 高齢や肥満、慢性疾患などの理由で自宅勤務を余儀なくされている教職員は、リモート授業の教材作りやリモートでの生徒の指導などを続けている。だが対面授業が始まれば、生徒数こそ少なくても、教室数や教科数に見合う数の教職員が出勤する必要がある。この問題は州立校でも同様で、1日も早い予防接種をとの声が強まっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化2021年5月7日 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化  新型コロナ感染症などによる死者の増加やパンデミックで妊娠を控える人達が出ている事などにより、リオ州では4月にパンデミック下で3度目となる人口減少が起きたと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  リオ州自然人登録者協会(Arpen―RJ)によると、4月に同州で発 […]
  • 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて2021年5月7日 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて  ボルソナロ大統領が5日に行った、コロナウイルスは中国の陰謀との論をほのめかすような物言いが、中国からの原材料輸入に頼っているワクチンのコロナバックの調達を遅らせるとの懸念を生んでいる。5、6日付現地紙、サイトが報じている。  ボルソナロ大統領の問題発言が行われたのは […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中2021年5月7日 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)は、3月25日18時から「3月度代表者会議」並びに「第55回定期総会」をオンラインアプリ「ZOOM」で行い、各県人会代表者や役員50人が参加、ポルトガル語を中心に開催され、日本祭りは会場運営会社と協議継続中であることに加え […]
  • 【特別企画】多彩な活躍する水谷ペドロ氏=コロナ禍でも好調な砂糖産業=世界と繋がるカラオケ大会《3》2021年5月7日 【特別企画】多彩な活躍する水谷ペドロ氏=コロナ禍でも好調な砂糖産業=世界と繋がるカラオケ大会《3》 ボルソナロ大統領からも期待される水谷氏とは  今日、ブラジルのアグロビジネスの主要な柱であるスクロエネルジェチコ(砂糖エネルギー)部門の重鎮となった水谷ペドロ・イサム氏は、1959年にサンパウロ州リベイロン・プレットで生まれた。愛知県出身の父親は2歳、広島県出身の母親 […]