ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》市立校運営補助に母親雇用へ=体温測定や消毒などに5千人

《サンパウロ》市立校運営補助に母親雇用へ=体温測定や消毒などに5千人

 サンパウロ市役所が市立校でのコロナ対策を遂行するため、生徒の母親5千人を雇う意向と16日付G1サイトが報じた。
 同市立校は15日から対面授業を再開したが、校内の清掃作業を請け負った外部業者が授業再開の直前に契約を破棄し、清掃に当たる職員が全然または1人しか出勤しないなどの問題が起き、対面授業再開がかなわなかった学校が多数出た。
 社会的な距離確保や飛沫感染防止のためのインフラ整備なども含めた改修工事の遅れで、対面授業を再開できなかった学校もある。
 だが、市立校が直面している問題は清掃や改修工事だけではない。高リスクで出勤できない教職員がいたりして、人手不足が発生しているのだ。
 そこで浮上したのが、登校時の生徒の体温測定や共同で使う教材・道具類の消毒、社会的な距離を保っているかの監視、マスクの正しい使用法の指導、手指消毒の徹底といった作業を行うため、月1千レアル程度の給与を払って生徒達の母親を雇うという案だ。

 この案はまだ詳細を検討中だが、失業中の母親に職を提供するという意味でも前向きにとらえられている。同市教育局は、このプロジェクトの詳細を近日中に発表する意向だ。
 高齢や肥満、慢性疾患などの理由で自宅勤務を余儀なくされている教職員は、リモート授業の教材作りやリモートでの生徒の指導などを続けている。だが対面授業が始まれば、生徒数こそ少なくても、教室数や教科数に見合う数の教職員が出勤する必要がある。この問題は州立校でも同様で、1日も早い予防接種をとの声が強まっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か2021年3月3日 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か  新型コロナの感染再燃が加速化し、専門家が「今後2週間は戦争」「最も悲しい3月となる」と表現する事態に直面している。  全国保健局長審議会(Conass)が1日、全国一律の夜間外出禁止措置をとる事と、集中治療室(UTI)の占有率が85%を超えたら即座にロックダウンを宣 […]
  • 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化2021年3月3日 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化  ボルソナロ大統領は2日、世界保健機関(WHO)が推進している新型コロナウイルスに対するワクチン供給計画の「COVAXファシリティ」に参加し、同計画が供給するワクチンは国家衛生監督庁(ANVISA)の緊急使用許可や正式登録許可を得ていなくても購入できるとする法案を裁可し […]
  • 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で2021年3月3日 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で  自動車メーカーのゼネラルモータース(GM)が1日、サンパウロ州ヴァレ・ド・パライバにある工場での生産活動を2カ月間停止する事と、従業員600人をレイオフとする事を決めたと2日付現地紙が報じた。  GMが生産活動停止を決めたのは、電気系統を中心とする部品の供給不足が原因だ。新 […]
  • 東西南北2021年3月3日 東西南北  サンパウロ州では先週から、23時~翌朝午前5時が外出禁止となっている。2月26日〜28日に州が本格的に取り締まりを行った結果、286もの店や会社が夜中に群れを作ってイベントを行ったり、営業時間を守っていないかったりして摘発された。その中には、26日夜から27日未明にかけてサン […]
  • 在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝2021年3月3日 在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は2月23日午後6時から、「天皇誕生日の祝賀記念動画」をユーチューブ上で配信した。例年、総領事公邸で開催されてきた「天皇誕生日レセプション」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により今年は見合わせられ、オンラインで開催された […]