ホーム | ブラジル国内ニュース | コロンビア=デモ突入から6日経過=高校生の死でさらに過激化へ

コロンビア=デモ突入から6日経過=高校生の死でさらに過激化へ

 21日からコロンビアで始まった民衆デモが、25日に起きた高校生の死を契機にさらに激化しそうだと27日付ブラジル国内紙が報じている。
 コロンビアでは21日からドゥケ大統領の経済政策に反対する学生や労働組合がデモを起こしており、26日までに死者4人、負傷者500人を記録している。
 とりわけ、25日に4人目のデモ犠牲者となった高校生ディラン・クルスさん(18)の死が与えた影響は大きい。現在、デモ隊はディランさんをヒーローとして讃え、遺影を掲げながら反抗を続けている。
 ディランさんは首都ボゴタでのデモ中、反デモ派の国民が投げつけた陶器が頭に当たって負傷して亡くなった。
 ドゥケ大統領は労組側に対し、10億ドル分の貧困対策を行うことで歩み寄りを図り、和解しようとしたが、労組はこれを無視しているという。
 南米では10月上旬にエクアドルで暴動が起きた。また、同月中旬からチリとボリビアで起きた暴動は現在も継続中。そしてそこにコロンビアが加わり、民衆デモで荒れる状態が続いている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第79話2020年11月24日 中島宏著『クリスト・レイ』第79話  この植民地は、プロミッソンの駅から四キロ辺りの地点から始まり、ボン・スセッソ、ゴンザーガ、ビリグイジーニョの地区にまたがる、約一千四百アルケール(約三千四百ヘクタール)の土地であった。その大半が高地に位置し、平野植民地のような湿地帯はなかった。ゴンザーガ地区には部分的に低地が […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ=いつバイデン当選を承認か=世界から取り残され、政権内でも孤立化=再集計逆転の期待は絶望的に2020年11月21日 《ブラジル》ボルソナロ=いつバイデン当選を承認か=世界から取り残され、政権内でも孤立化=再集計逆転の期待は絶望的に  米国大統領選でジョー・バイデン氏が当選確実と言われ始めてから2週間になるが、ボルソナロ大統領は世界でも数少なくなった「承認を行っていない大統領」として注目されている。当初、ボルソナロ側近が主張していた「トランプ大統領の求める複数の州の再集計」による大逆転の可能性がほぼ […]
  • 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?2020年11月17日 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?  最近、グローボTV局の看板キャスターが次々に画面から消えていることを不審に思っている読者も多いだろう。どこへ消えたのか――。実はその大半はCNNブラジルに行き、「グローボもどき」になっている。移籍報道を読むと「待遇の悪さから辞職した」などの当人たちの生々しいコメントも […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏2020年11月11日 JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏  「5年間本当にお世話になりました」││JETROサンパウロ事務所所長を5年間勤めた大久保敦氏(群馬県・56歳)は10月23日のオンライン取材でそう語った。  経済産業省が所管する独立行政法人・日本貿易振興機構(JETRO)サンパウロ事務所では、5年間所長を勤めた大久 […]