ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領=「陸軍は人を殺していない」=リオでの80発誤射事件で

《ブラジル》ボウソナロ大統領=「陸軍は人を殺していない」=リオでの80発誤射事件で

 12日、ボウソナロ大統領は、7日にリオで起きた、陸軍兵の誤認で80発の銃弾を受けた一般市民が亡くなった件に言及し、「陸軍は人を殺してなどいない」と、陸軍兵を擁護する発言を行った。12日付現地紙が報じている。
 ボウソナロ大統領の発言は、アマパー州のマカパー空港落成式の際に、取材陣に答えたものだ。
 この事件では、音楽家のエヴァウド・ドス・サントス・ローザさん(51)が、車を運転中に陸軍兵にマシンガンで80発以上を撃ち込まれ(内3発が背中に命中)、亡くなった。また、同乗していた義父と、彼らを助けようとした通行人が負傷した。同件では陸軍兵10人が逮捕され、9人はまだ拘置中だ。
 これに対し、5日遅れでの反応となった大統領は、「正直な一般市民が亡くなったのは嘆かわしい。誰に責任があるのかは明らかにされないと」としながらも、「陸軍兵は誰も殺していない。陸軍兵は市民であり、誰も市民を人殺し扱いにはできない。あれは偶発的な事故だ」として、自身も所属していた陸軍の兵士を擁護した。
 同件は、陸軍兵が誰何や車内の点検もせずに銃撃を開始したことや、市警ではなく、軍検察と軍裁判所が事件を扱うことなどで、国民の間で軍に対する強い批判が沸き起こっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で2019年6月12日 サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は10日、市中央部(セントロ)ヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事を再開すると発表した。11日付現地紙が報じている。  ヴァーレ・ド・アニャンガバウーはセントロの名所の一つで、19世紀から歴史があり、「ヴィラーダ・クウツラル」のメイ […]
  • サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン2019年6月11日 サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン  サンパウロ州とサンパウロ市が10日~7月12日の予定で、予防接種キャンペーンを始めた。双方とも、29日(土)が病気撲滅のためのXデー(ポ語ではDia D)で、保健所も8~17時に開業する。  サンパウロ州のキャンペーンの対象は黄熱病だ。州内の黄熱病の予防接種実施率は71・6 […]
  • アンドレ・マトス死去=日本でも愛されたアングラのヴォーカリスト2019年6月11日 アンドレ・マトス死去=日本でも愛されたアングラのヴォーカリスト  ブラジルを代表するヘヴィ・メタル・バンド、アングラのヴォーカリストだったアンドレ・マトスが8日、サンパウロ市内で亡くなったことが発表された。  1971年にサンパウロで生まれたマトスは、10代の頃からへヴィ・メタル・バンドを組んで活動。80年代にはバンド、ヴァイパーのヴォー […]
  • ネイマールの代役は誰に?=ヴィニシウスやルーカス、ドゥドゥ望む国民2019年6月7日 ネイマールの代役は誰に?=ヴィニシウスやルーカス、ドゥドゥ望む国民  5日の親善試合でかねてから痛めていた右足の靭帯を損傷し、コパ・アメリカの出場がなくなったネイマール。5月末からの強姦疑惑騒動もあったため、「本当に出場できるのか」との疑問はかねてから国民の中にもあったが、それが現実のものとなった。今、サッカーファンやメディアの間では、「誰がネ […]
  • サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場2019年6月11日 サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場  サンパウロ市では昨年、1日平均62人の教職員が、精神的な問題を理由に休職したと、10日付現地紙が報じている。  これは、情報公開法に基づいてサンパウロ市役所の各部局を対象に行った調査で判明したもので、それによると、教育局絡みでは、ストレスや鬱、不安、パニック障害などの精神的 […]