ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボルソナロ大統領=「陸軍は人を殺していない」=リオでの80発誤射事件で

《ブラジル》ボルソナロ大統領=「陸軍は人を殺していない」=リオでの80発誤射事件で

 12日、ボルソナロ大統領は、7日にリオで起きた、陸軍兵の誤認で80発の銃弾を受けた一般市民が亡くなった件に言及し、「陸軍は人を殺してなどいない」と、陸軍兵を擁護する発言を行った。12日付現地紙が報じている。
 ボルソナロ大統領の発言は、アマパー州のマカパー空港落成式の際に、取材陣に答えたものだ。
 この事件では、音楽家のエヴァウド・ドス・サントス・ローザさん(51)が、車を運転中に陸軍兵にマシンガンで80発以上を撃ち込まれ(内3発が背中に命中)、亡くなった。また、同乗していた義父と、彼らを助けようとした通行人が負傷した。同件では陸軍兵10人が逮捕され、9人はまだ拘置中だ。
 これに対し、5日遅れでの反応となった大統領は、「正直な一般市民が亡くなったのは嘆かわしい。誰に責任があるのかは明らかにされないと」としながらも、「陸軍兵は誰も殺していない。陸軍兵は市民であり、誰も市民を人殺し扱いにはできない。あれは偶発的な事故だ」として、自身も所属していた陸軍の兵士を擁護した。
 同件は、陸軍兵が誰何や車内の点検もせずに銃撃を開始したことや、市警ではなく、軍検察と軍裁判所が事件を扱うことなどで、国民の間で軍に対する強い批判が沸き起こっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も2020年10月9日 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も  選挙運動中の市長・市議選で、ボルソナロ大統領が違反額となる献金や、かつて幽霊職員と報じられた人物の応援をするなどの行為を行っていると、8日付現地紙、サイトなどが報じている。  大統領はまず、リオ市の市会議員選で再選を目指す次男カルロス氏に対し、1万レアルの献金を現金 […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 120周年迎えた中国人移民=8月15日に内輪での晩餐会=コロナ禍の中、貿易の支え手に2020年10月2日 120周年迎えた中国人移民=8月15日に内輪での晩餐会=コロナ禍の中、貿易の支え手に  新型コロナウイルスの感染拡大により、日本祭りのようにキャンセルされたり延期されたりしたイベントが今年はたくさんある。規模が縮小したと思われる行事の中には、中国人移民120周年を記念するイベントがある。  ブラジルに最初の中国人移民が到着したのは、1900年8月15日とされて […]