ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》この人が「ボルソナロの次」の救世主?

《記者コラム》この人が「ボルソナロの次」の救世主?

ジェンチーリ(Twitter)

ジェンチーリ(Twitter)

 今年の3月、コラム子の目と耳を疑うニュースが飛び込んできた。そして、もう失笑するしかなかった。それは、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」が、22年の大統領候補としてダニーロ・ジェンチーリ(Danilo Gentili
)を求めている、というものだ。
 このジェンチーリなる人物。「どういう政治家?」と思う人もいるだろうが、政治家でもなんでもない。彼の職業はズバリ、「コメディアン」。SBT局の深夜のトークショー「ザ・ノイテ」の司会者だ。
 そのジェンチーリだが、政治的な活動もしていないし、今のところ大統領選への出馬の意向も口にしていない。ただ単に「保守の論客」として知られ、それ以上に「女性蔑視的な騒動」の方が有名だ。
 そのうちもっとも大きなものは2017年に、マリア・ド・ロザリオ下議に訴えられたものだ。過去に、後のボルソナロ大統領とも口論をやりあった左派政治家きっての論客である彼女のことを、ジェンチーリはツイッターで罵り続けた末、彼は名誉毀損で訴えられてしまった。
 これに激怒したジェンチーリは裁判所からの訴状を破り、それを自身の性器に触れるようにズボンの中に入れた。これで訴訟は悪化。現在までまだ係争中だ。
 このほか、同じく左派女性下議のサミア・ボムフィン下議を「デブ」と称したことで訴えられたり、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]
  • 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか?2021年6月1日 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか? 法王のピアーダにムカッ!とするインテリ  《バットマンが新シリーズで犯罪撲滅にサンパウロへ来ることが確認された》という5月27日付LegadodaDCサイトの記事(https://legadodadc.com.br/batman-vem-combater-o-cr […]
  • 《ブラジル》ラヴァ・ジャット=ヴェージャ誌記者に捜査関与疑惑=情報提供や逮捕者を指図?2021年2月16日 《ブラジル》ラヴァ・ジャット=ヴェージャ誌記者に捜査関与疑惑=情報提供や逮捕者を指図?  ハッキングされた携帯電話の通話内容の公開を最高裁が1日に許可して以降、ヴェージャ誌のジャーナリストがラヴァ・ジャット作戦(LJ)の特捜班に強く関与していたことなど、新たな事実が明らかになっていると12、13日付現地サイトが報じている。  最高裁のリカルド・レヴァンドウスキー […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボルソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボルソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]