ホーム | 日系社会ニュース | 大使館が連邦保健局に寄付=医療用マスクと感染防護服

大使館が連邦保健局に寄付=医療用マスクと感染防護服

左からオクモト氏、山田大使

左からオクモト氏、山田大使

 在ブラジル日本国大使館は3月23日、ブラジル連邦区保健局に対して医療従事者用マスク7千枚と感染防護服1千着を寄付した。
 当日は、同保健局にて、山田彰駐ブラジル特命全権大使からオクモト・オスネイ(OSNEI)連邦区保険局長に寄付物が手渡された。これらの資材は新型コロナ対策に従事する同局の医療関係者によって活用される。
 山田大使は、「この災禍の時期に皆が一丸となって助けあうことが重要です。一刻も早くブラジルのコロナ禍が終息することを願います」と語る。
 オクモト氏は、「こういった寄付は本当にありがたい。早くこの災禍を共に乗り越える為、大切に使用させていただきます」と深謝した。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ