ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ミナス州=40メートルのトンネル発見=市内の銀行狙った強盗の仕業?

《ブラジル》ミナス州=40メートルのトンネル発見=市内の銀行狙った強盗の仕業?

トンネル発見を報じる21日付G1サイトの記事の一部

 ブラジル南東部のミナス・ジェライス州ポッソス・デ・カルダス市で21日、市内にある銀行を狙ったと見られるトンネルが見つかり、翌朝、トンネルを掘るのに使われていた建物が隔離されたと21、22日付G1サイトなどが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • シリア人へのビザ緩和=人道的理由で外務省判断2013年9月28日 シリア人へのビザ緩和=人道的理由で外務省判断 ニッケイ新聞 2013年9月25日  連邦政府が24日、人道的理由により、シリア人に対するビザ発給基準を緩和する事を官報に掲載したと同日付G1サイトが報じた。国連によると、シリアでは2011年の内戦開始以来10万を超す市民が死亡、200万人以上が国外に脱出している。 […]
  • 好評の中華おこわ=慈善バザー、6日=サウーデ文協2004年6月2日 好評の中華おこわ=慈善バザー、6日=サウーデ文協 6月2日(水)  サウーデ文化体育協会婦人部(金盛巴部長)は第三十回慈善バザーを六日午前八時から、同会館(ジャルジン・ダ・サウーデ区ジオゴ・フレイレ街307)で開く。 […]
  • コラム 樹海2011年9月27日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2011年9月27日付け […]
  • 《ブラジル》麻薬密売摘発での押収品競売=パラナ州だけで410万レ売り上げる2020年10月8日 《ブラジル》麻薬密売摘発での押収品競売=パラナ州だけで410万レ売り上げる  法務省が6日、麻薬密売の摘発で押収した品の競売による収益が史上最高になったと発表した。  一例は、パラナ州での競売での410万レアルに上る売上だ。この金額は、昨年10月以降に同州で押収した品282点を競売して得たものだ。競売にかけられた282点には、乗用車やトラック、バイク […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(81)2014年1月21日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(81) ニッケイ新聞 2014年1月21日 「と、云うのは?」 「彼は十三歳の時、事故で両親を亡くし、それ以来、ブラジル生れの幼い弟や妹達の面倒見て立派に育て上げ、頑張って来たトメアスのシンボルです」 「お名前は?」 「沢田照夫です」 「辛かったでしょう」 「いえ、大勢の仲間の無念な […]