ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》「世界で31番目に魅力的」世界的な情報誌が選出

《サンパウロ市》「世界で31番目に魅力的」世界的な情報誌が選出

サンパウロ市の主な観光地(Chronus, via Wikimedia Commons)

 サンパウロ市が世界的に有名な情報誌から、「世界で31番目に魅力的な市」として紹介されたことがわかった。南米では最高の街の評価だった。9日付現地サイトが報じている。
 これはイギリスに本拠を置く世界的な情報誌「タイム・アウト」の最新号が選んだもので、全世界2万7千人を対象に行った調査で上位に入った37市を掲載している。
 タイム・アウト誌はサンパウロ市を、「パンデミックにも関わらず、変化や活動を止めない街。ビルの壁面は鮮やかなグラフィティ・アート(グラフィッチ)で彩られ、創造的な作品を生み出すための新たな空間が常に生み出されている。美術館も再開し、新進気鋭のアーティストのショーなども行われている」と評している。

 1位に選ばれたのはサンフランシスコ(米国)で、アムステルダム(オランダ)、マンチェスター(イギリス)、コペンハーゲン(デンマーク)、ニューヨーク(米国)が上位5市を占めた。
 日本からは東京が10位に選ばれた。南米では、ブエノスアイレス(アルゼンチン)も35位に選ばれている。

★2019年5月22日《ブラジル》ヴィラーダ・クウツラル=今年は460万人もの動員=サンパウロの24時間文化イベント
★2016年2月6日《ブラジル》【連載】軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第1回=明治3年頃に上陸、全伯公演?
★2020年5月19日《ブラジル》長崎市長が感謝のメッセージ=サンパウロ市カーニバルの原爆騒動に=県人会の意図を理解、賛同
★2019年3月7日《ブラジル》サンパウロ市カーニバル=駐在員や日系ダンサー続々=サンバ教室やツアー団体参加も
★2018年9月11日《ブラジル》特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=サンパウロ市在住 中島 宏

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年1月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年1月11日付け  本紙掲載の寄稿を受けて即座に行動を起こした「希望の家」「こどものその」の2団体。もちろん初期段階の対応の悪さは褒められたものではないが、素直に批判を受け入れ、反省と謝罪の意を示した。ちなみに「こどものその」に寄稿の内容を伝えたのは、希望 […]
  • ジウマが「最も期待を裏切ったリーダー」=フォーブス誌で2位以下寄せ付けず2016年4月9日 ジウマが「最も期待を裏切ったリーダー」=フォーブス誌で2位以下寄せ付けず  下院での罷免審議が進み、国民の信用も失墜しているジウマ大統領だが、今や悪評は海を超え、世界的なものとなっている。 3月中旬に地裁から逮捕されそうだったルーラ前大統領を官房長官に就任させようとしたあたりから、国民や政界からの罷免を求める声が一段と高まっているが、それと同時に、世 […]
  • 皇居の勤労奉仕団を募集=来月末日まで、日本会議2017年3月10日 皇居の勤労奉仕団を募集=来月末日まで、日本会議  ブラジル日本会議(徳力啓三理事長)は10月に派遣する『第10回皇居勤労奉仕団』への参加者を募集している。  同月13日にブラジルを出発、靖国神社、明治神宮参拝ほか、主に皇居内での4日間の奉仕活動を行う。出雲神社、広島の原爆ドームなども観光し、29日夕、グアルーリョス空港着の […]
  • 東西南北2006年3月11日 東西南北 2006年3月11日(土) […]
  • 同性愛の〝市場〟狙え=サンパウロ市だけで年間1・5億$R2003年6月4日 同性愛の〝市場〟狙え=サンパウロ市だけで年間1・5億$R 6月4日(水) […]