ホーム | ブラジル国内ニュース | ヴィラーダ・クウツラル=今年は460万人もの動員=サンパウロの24時間文化イベント

ヴィラーダ・クウツラル=今年は460万人もの動員=サンパウロの24時間文化イベント

 18日夕方からの24時間、サンパウロ市恒例の、コンサートを中心とした文化イベント「ヴィラーダ・クウツラル」が行われ、460万人を呼び込む大盛況となった。
 今年で15回目を迎えたヴィラーダは、市内250の会場で、1200もの催しを行う大規模なものとなった。
 最も観衆を集めたのは市中央部のアンニャンガバウーに作られたステージで、最高時は20万人を動員したとの公式発表があった。この人数を記録したのは、19日未明に登場したラッパーのクリオーロと、20日正午に登場した、ブラジル屈指の人気女性歌手アニッタがステージに立ったときだったという。
 カエターノ・ヴェローゾが息子たちと作ったグループ、オフェルトーリオの演奏時も、16万人が集まったという。
 この「市中央部にメインステージを」は、初回ヴィラーダ以来、ずっと続くモットーだ。郊外に範囲を広げ、イベントを拡散させた2017年だけは、2012年以降、200~300万人を記録してきた動員数が、160万人に落ちるという苦い経験をしている。
 ブルーノ・コーヴァス市長によると、今年のヴィラーダには、去年と同じ1860万レアルをつぎこんだという。去年の動員数は300万人だった。
 また、今年は、芸能人にはアンチ(反対者)が多いボルソナロ大統領が就任したこともあり、ステージによってはボルソナロ批判のコールや、現在逮捕中のルーラ元大統領の釈放を求める声があがったという。
 イベント自体は順調に進んだが、アンニャンガバウーで19日未明に1歳男児の乗った乳母車が置きざりにされたとか、19日夜、イタリア人観光客が4人組の若者に襲われナイフで刺されたといった事件も報告されている。(20日付アゴラ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年6月9日 東西南北  ボルソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼す […]
  • また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説2020年3月20日 また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説  先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。  死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった […]
  • 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界2019年6月20日 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界  「文化はあまり重要視されない」「支援金が減らされる」―これがボルソナロ政権時代にブラジルの文化環境に関してよく言われる言葉だ。だが、こう言っては不謹慎かもしれないが、ブラジルの場合、かつて民主主義と自由が抑圧されていた軍事政権時に映画も音楽も発展を遂げた、という歴史的 […]
  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボルソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボルソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]