ホーム | 日系社会ニュース | ジャパン・ハウス=「WINDOWOLOGY窓学:窓は文明であり、文化である」展

ジャパン・ハウス=「WINDOWOLOGY窓学:窓は文明であり、文化である」展

JHロサンゼルスでの展示の様子

JHロサンゼルスでの展示の様子

 聖市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は6月29日から8月22日まで、「WINDOWOLOGY窓学:窓は文明であり、文化である」を同館2階で開催する。入場料は無料。
 窓を学問として研究を行う、公益財団法人窓研究所がJHの巡回企画展として企画し、ロサンゼルスから続いて2拠点目の開催。建築の一構造物のみならず、文学や芸術などで表現される窓の役割を紹介しながら窓の存在意義を紐解いていく。
 展示には手仕事の窓、環境の窓、現代住宅の窓など9つのテーマ毎に図面や模型、写真、映像、漫画、文学作品を通して、現代に至るまでの窓の文化に焦点をあて、社会との関わりやその変遷を垣間見る事ができる。
 特に、日本の伝統文化である茶道の茶室のうち、一番窓が多い茶室「擁翠亭」を実物大で再現し展示する。窓には日本製の手漉き和紙が用いられる。
 広報資料には、同展キュレーターの五十嵐太郎氏の言葉として「窓は常に様々な地域や文化の人々に特有の行動を喚起させており、このコロナ渦では特にその特性を強く認識することができる」と紹介されている。
 窓辺に立ち近所の人たちのためにオペラを歌う、医療従事者へ感謝のメッセージを送る、窓から物を渡すなど、危機的な状況下で人間距離を保ちながら、希望や感謝の気持ちを共有するユニークな役割を果たしていると考える。
 ナターシャ・バルザギ・ジーネンJH企画局長は、「窓は様々な象徴を秘めた詩的な存在ですが、生活に溶け込んでおり実感することは少ないでしょう。しかし、コロナ禍で他者と隔離や孤立が強いられる昨今において、その重要性や存在意義を理解する必要に余計かられると思います」とコメントを寄せる。
 同展はオンラインプログラムやSNS上でも様々なコンテンツを発信していく。同館展示後にはロンドンのJHで開催が予定されている。
 展覧会の詳細はJHサイト内特設ページ(https://www.japanhousesp.com.br/exposicao/windowology-estudo-de-janelas-no-japao/)から確認できる。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■パウリスタ大通りの大日章旗2018年6月20日 ■ひとマチ点描■パウリスタ大通りの大日章旗  これほど巨大な日の丸が南米一の目抜き通りに出現したことは、歴史上初めてでは――日本移民の日の18日夜から翌朝まで、パウリスタ大通りにあるサンパウロ州工業連盟(Fiesp)が粋なオメナージェン(顕彰)をした。ビルの壁面全体を覆った電飾を使って日の丸の旗を映し出したのだ。 […]
  • 負債完済し運営順調=北海道協会、設備拡充へ2006年2月14日 負債完済し運営順調=北海道協会、設備拡充へ 2006年2月14日(火) […]
  • ジョゼ・マリア・マリンCBF前会長(Tomaz Silva/Agencia Brasil)2015年5月28日 FIFA総会前に激震走る=前CBF会長ら7人逮捕=W杯開催地選考時に収賄か  現地時間27日、スイス警察は米国司法の要請で、ジョゼ・マリア・マリン前ブラジルサッカー連盟(CBF)会長を含む7人の国際サッカー連盟(FIFA)幹部を、W杯開催地選定時の贈賄、及び、電子詐欺、資金洗浄の疑いで逮捕したと27日付伯字各サイトが報じている。 FIFAの総会出席 […]
  • 大耳小耳2009年12月17日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年12月17日付け […]
  • 大掛かりなバザー=こどものその、今年も2008年7月8日 大掛かりなバザー=こどものその、今年も ニッケイ新聞 2008年7月8日付け  こどものそのの第二十五回慈善バザーが、十三日午前九時から午後五時まで、イタケーラの同園本部で行われる。地下鉄イタケーラ駅から無料特別バスが運行される。今年の実行委員長は谷口ジョゼ第三副理事長。 […]