ホーム | 日系社会ニュース | ジャパン・ハウス=「WINDOWOLOGY窓学:窓は文明であり、文化である」展

ジャパン・ハウス=「WINDOWOLOGY窓学:窓は文明であり、文化である」展

JHロサンゼルスでの展示の様子

JHロサンゼルスでの展示の様子

 聖市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は6月29日から8月22日まで、「WINDOWOLOGY窓学:窓は文明であり、文化である」を同館2階で開催する。入場料は無料。
 窓を学問として研究を行う、公益財団法人窓研究所がJHの巡回企画展として企画し、ロサンゼルスから続いて2拠点目の開催。建築の一構造物のみならず、文学や芸術などで表現される窓の役割を紹介しながら窓の存在意義を紐解いていく。
 展示には手仕事の窓、環境の窓、現代住宅の窓など9つのテーマ毎に図面や模型、写真、映像、漫画、文学作品を通して、現代に至るまでの窓の文化に焦点をあて、社会との関わりやその変遷を垣間見る事ができる。
 特に、日本の伝統文化である茶道の茶室のうち、一番窓が多い茶室「擁翠亭」を実物大で再現し展示する。窓には日本製の手漉き和紙が用いられる。
 広報資料には、同展キュレーターの五十嵐太郎氏の言葉として「窓は常に様々な地域や文化の人々に特有の行動を喚起させており、このコロナ渦では特にその特性を強く認識することができる」と紹介されている。
 窓辺に立ち近所の人たちのためにオペラを歌う、医療従事者へ感謝のメッセージを送る、窓から物を渡すなど、危機的な状況下で人間距離を保ちながら、希望や感謝の気持ちを共有するユニークな役割を果たしていると考える。
 ナターシャ・バルザギ・ジーネンJH企画局長は、「窓は様々な象徴を秘めた詩的な存在ですが、生活に溶け込んでおり実感することは少ないでしょう。しかし、コロナ禍で他者と隔離や孤立が強いられる昨今において、その重要性や存在意義を理解する必要に余計かられると思います」とコメントを寄せる。
 同展はオンラインプログラムやSNS上でも様々なコンテンツを発信していく。同館展示後にはロンドンのJHで開催が予定されている。
 展覧会の詳細はJHサイト内特設ページ(https://www.japanhousesp.com.br/exposicao/windowology-estudo-de-janelas-no-japao/)から確認できる。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=132015年1月14日 パナマを越えて=本間剛夫=13 「エメボイ農大の入学試験は、後二週間ほどです。募集は四十人ですが、もう全国から百六十人ほどの願書が来ています。あなたも、今、ここで願書をお書きなさい」 私は早速願書を書いて差し出して、試験当日上京して受験した。 自信はなかったが、一週間ほどして合格の通知が来たとき、これで、 […]
  • 桃太郎フェイジョアーダ会=岡山県人会、16日に2012年6月7日 桃太郎フェイジョアーダ会=岡山県人会、16日に ニッケイ新聞 2012年6月7日付け  岡山県人会(根岸健三会長)は16日午前11時から、同会館(Rua da Gloria, 734)で『桃太郎フェイジョアーダ会』を開く。 […]
  • 井上祐見さん23日に来伯=8度目の公演「今年も来てください」2006年6月17日 井上祐見さん23日に来伯=8度目の公演「今年も来てください」 2006年6月17日(土) […]
  • 大耳小耳2015年4月14日 大耳小耳  駐日ブラジル大使館が主催する写真展『ボサノヴァのルーツ 50―60年代のリオの生活』が、東京・渋谷の東急文化村で開催されている。文化的な沸点状態だった当時のリオ、そのボサノヴァ黎明期を、遠い日本の地から目で見て感じることができる内容だとか。日本でも根強いファンは多いはず。 […]
  • 6月祭り文協で12日=ロベルト・ノリオ学校2011年6月8日 6月祭り文協で12日=ロベルト・ノリオ学校 ニッケイ新聞 2011年6月8日付け […]