ホーム | 日系社会ニュース | 人マチ点描=寒い冬にピッタリの柚子酒と梅酒

人マチ点描=寒い冬にピッタリの柚子酒と梅酒

梅酒とゆず酒を持つ益田さん

梅酒とゆず酒を持つ益田さん

 「ゆず酒をお湯割りで一杯やらんかね~」――ピエダーデで農業を営む益田照夫さん(愛媛県・79歳)が自家製の「ゆず酒」「うめ酒」を販売中だ。
 「自家製うめ酒」は自分の農場で生産した梅をピンガに漬けた5年物。適度で甘く味付けされており度数は強いが、梅の香りが口に広がる一品で非常に飲みやすい。
 「柚子酒」は今年漬けたもので「うめ酒」と同様にピンガにつけ甘く味付けされているため、飲みやすく口に含むと柚子の香りとほろ苦さが広がる。時期によっては中のお酒がウォッカに変わることもある。
 益田さんは「寒い季節になってきた今、ぜひ一本お家にいかがですか? 食前酒や食後の一杯、お湯割りなんかにもいいですよ!」と呼びかけている。
 益田さんの「うめ酒」と「柚子酒」はどちらも1本25レアル。約500ml入っている。益田さんは定期的にサンパウロ市リベルダーデで果物販売している。その際に購入してみては? 益田さんへの連絡は電話(15・99772・0092)まで。(淀)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 米中貿易戦争で漁夫の利か=両国へのブラジル製品の輸出が増大2018年9月4日 米中貿易戦争で漁夫の利か=両国へのブラジル製品の輸出が増大  米中貿易戦争は、世界経済に悪影響を及ぼすと見られていたが、これまでのところブラジルにとっては〃漁夫の利〃となっていると、3日付現地紙が報じた。  ブラジル産業貿易サービス省(Mdic)の調べによると、1月から7月にかけて、ブラジルから米中両国への鉄鋼関連製品、動物性 […]
  • 《ブラジル》緊急追加工事で予算超過=広島県人会、来年後半に健全化へ2017年3月16日 《ブラジル》緊急追加工事で予算超過=広島県人会、来年後半に健全化へ  ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)が先月19日、同センターで第61回定期総会を開いた。昨年度の会計は収入約63万7千レアル、支出約71万4千レで約7万7千レの赤字となった。不景気による事業不振や、会館修復工事の人件費がかさんだ。  工事費そのものは当初9万レと計上 […]
  • 大耳小耳2008年8月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年8月1日付け […]
  • 環境保護区無視のサンパウロ市=貯水池傍に高層アパート2010年8月5日 環境保護区無視のサンパウロ市=貯水池傍に高層アパート ニッケイ新聞 2010年8月5日付け […]
  • オーリャ!2014年5月24日 オーリャ!  サンパウロ将棋研究会が同〃普及〃会に今年から名称を変更した。研究から普及に会の軸足を変えることで、山田考由会長は「将棋文化が無くなってしまうのを防げるはず」と考えている。 先読み自慢の将棋打ちの集まりにしては、少々仕掛けが遅すぎる気がしないでもない。でも存続のために動き出 […]