ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》市長が大型イベント復活を約束=ワクチン接種率70%に達したら

《サンパウロ市》市長が大型イベント復活を約束=ワクチン接種率70%に達したら

 リカルド・ヌーネス・サンパウロ市市長は1日、年末の年越し行事レヴェイロンや来年のカーニバルをはじめとした大型イベント再開を示唆する発言を行った。1、2日付現地紙、サイトが報じている。
 同市長は1日、改装後も落成式延期が続いているヴァーレ・ド・アニャンガバウーの総合施設やパウリスタ大通りの再開に関し、「ワクチン接種率が70%に達したら」と語り、「現在は56%なので、今月の終わりまでには再開することになる」と続けた。同市長はその理由として、ワクチンが効力を発揮し、コロナ感染症患者の集中治療室占有率が62%に落ちていることをあげた。
 同市長は、パウリスタ大通りでのナタル(クリスマス)と年越しのイベントや、2022年のカーニバル、南部インテルラゴス・サーキットで20万人近い動員を記録する国際ロック・フェスティバルの「ロラパルーザ」などの大型集客イベント再開も示唆した。

 同市長は同日、コロナからの復興と経済活動再開を念頭に置いた、2024年までのプログラムの計画書を市議会に提出しており、それとの関連でこれらの見通しを語った。計画書には309億レアルをかけた77の目標が定められている。
 ただ、接種率56%は初回接種者で、ヤンセン社のワクチンで1回、他のワクチンでは2回の接種を終えた人が70%になるのはもう少し先だ。また、サンパウロ州の6月の感染者は過去最多で、死者も2番目に多かったため、大型イベントの再開には慎重さを求める声も出ている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカーJリーグ=大宮がボール30個寄付=09年開始、7回目の事業=発起人、社長ら初の手渡し2016年1月27日 サッカーJリーグ=大宮がボール30個寄付=09年開始、7回目の事業=発起人、社長ら初の手渡し  サッカーJリーグ1部に所属する埼玉県のチーム、大宮アルディージャの鈴木茂代表取締役社長らが22日、使用済みのサッカー用品をサンパウロ市内の3つのサッカースクールに贈呈した。2009年から始まったエコ・ボールプロジェクト「サッカーボールを、ブラジルの子どもたちに送ろう!」の第7 […]
  • 東西南北2008年7月1日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年7月1日付け […]
  • サンパウロ市=ビニール袋配布を禁止へ=半年後より実際に適用か2010年11月11日 サンパウロ市=ビニール袋配布を禁止へ=半年後より実際に適用か ニッケイ新聞 2010年11月11日付け  10日、サンパウロ市議会はスーパーマーケットなどでのビニール袋配布を禁止する条例の採決に向け投票を行う。条例が承認されれば、大型店舗では半年後より実施されることになる。10日付エスタード紙が報じた。 […]
  • コラム オーリャ!2006年4月11日 コラム オーリャ! […]
  • 東西南北2021年7月14日 東西南北  コロナ第2波が襲った3月に2週間休みを前倒ししたため、サンパウロ大都市圏の公立校生は例年より7月の休みが少ないが、振り替え授業ももうすぐ終わり、休みに入るタイミングで朗報が入っている。それは、1~5月の公立校における子供のコロナ感染率は0〜9歳で2・8%、10〜19歳で6・1 […]