ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》保健省=ワクチンの配布量を操作?=サンパウロ州が半分しかこないと苦情

《ブラジル》保健省=ワクチンの配布量を操作?=サンパウロ州が半分しかこないと苦情

 サンパウロ州のジョアン・ドリア知事が4日、保健省がファイザー社製のワクチンを本来の量の半分しか送ってこなかった事を明らかにしたと同日付現地サイトが報じた。
 同知事によると、保健省が最後に行ったワクチン配布ではファイザー社製ワクチンが22万8千回分しか届かなかった。同州保健局は人口比に応じた配布計画通りなら45万6千回分届くと踏んで、ワクチン接種計画を立てており、配布数が減ると予定通りの接種実施が困難になるとして、不足分を24時間以内に送るよう要請したという。
 ジェアン・ゴリンシュテイン州保健局局長は、「国の予防接種計画遂行は倫理的な了解の下に進められており、今回のような計画不履行は受け入れ難い」とした後、「州の予防接種計画の対象者23万人が接種を受けられなくなる」と語った。

 ドリア知事は、サンパウロ州は保健省との契約を先取りする形でコロナバックを納入しており、4日も200万回分を納品したのに、国はその責任を果たしていないとしつつ、報復措置を行う意思はない事も明らかにした。
 サンパウロ州政府は7月はじめに、州内での予防接種実施を促進するため、州独自にコロナバックを購入する意向を明らかにしており、同月7日に完成品のワクチン400万回分を購入したと発表。内270万回分は既に納品されている。
 一部の報道では、州毎にワクチン接種の速度が違う事を嫌った保健省が配布量を操作したとの情報も流れているが、同省からの正式な返答は出ていないようだ。今回の配布の遅れは、18日から予定している青少年向けの接種の遅れを招きうると見られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 3世、サンパウロ市議選へ=PSBのワタナベ氏=10月選挙2004年7月9日 3世、サンパウロ市議選へ=PSBのワタナベ氏=10月選挙 7月9日(金)   十月のサンパウロ市市議選挙にPSB(ブラジル社会党)から出馬する日系三世のワタナベ・ユージ・フンベルト氏(38)が、現職のサンパウロ市市議で同党のジョージ・タバ氏の案内で来社した。 […]
  • 《ブラジル》セアラー州=バス襲撃、爆破の暴動発生=モロ法相、国家治安部隊派遣へ2019年1月5日 《ブラジル》セアラー州=バス襲撃、爆破の暴動発生=モロ法相、国家治安部隊派遣へ  ブラジル北東部のセアラー州では、2日夜からバス襲撃などの犯罪者による暴動が連続発生しており、セルジオ・モロ法相が国家治安部隊の派遣を認めたと3、4日付現地紙、サイトが報じた。  2日夜、フォルタレーザ市で起きた2件のバス焼き討ち事件に始まった暴動は、3、4両日も止ま […]
  • 農の基本は土づくりから=「がんこ村」横森さん講演2008年3月12日 農の基本は土づくりから=「がんこ村」横森さん講演 ニッケイ新聞 2008年3月12日付け  長野県の農業家、横森正樹さん(68)がこのほど、JATAK(全国拓植農業共同組合連合会)が実施している専門家派遣事業で来伯した。二十四日まで滞在し各地で講演する。 […]
  • 2015年6月30日 「移民の日」を祝して=外務大臣 岸田文雄  ブラジルにおいて「移民の日」を迎えるに当たり、日系社会の皆様に心からお慶び申し上げます。 日本とブラジルの外交関係は1895年の日伯修好通商航海条約調印に始まり、日本人によるブラジル移住は1908年に開始されました。両国の歴史は、日本人による移民の歴史とも言えます。ブラジ […]
  • 国外サイトで麻薬取引?=押収量は2年で64%増加2016年7月26日 国外サイトで麻薬取引?=押収量は2年で64%増加  ブラジルで国外のインターネットサイトを使った薬物購入が増加していると、25日付エスタード紙が報じた。 国税庁は昨年、2359個の大麻の種子輸入を突き止めた。この数は2013年の970個より143%増えた。また、コカインや他の合成麻薬の押収量は684キロに上り、13年の416キ […]