ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ禍で進む公共サービスのデジタル化=在宅勤務で14億レアル節約

《ブラジル》コロナ禍で進む公共サービスのデジタル化=在宅勤務で14億レアル節約

在宅勤務の一こま(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 新型コロナの感染拡大抑制策の一つとして、行政部門の連邦公務員にも在宅勤務が採用された事で、20年3月から21年6月にかけての連邦政府の経費は14億1900万レアル節約できたと経済省が発表したと3日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月2日 東西南北  1日のネットは、コロナ検査キット用献金が、ミシェレ大統領夫人が代表の政府プログラムにこっそり回されていた報道で湧いた。これで「ミシェキ」のあだ名が再び盛り上がっている。このあだ名は、同夫人がラシャジーニャ疑惑の渦中にあるファブリシオ・ケイロス容疑者から謎の小切手(シェッキ)を […]
  • 東西南北2012年10月25日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年10月24日付け […]
  • 霊友会、善意の貢献=バザー収益寄付21年間も2007年12月15日 霊友会、善意の貢献=バザー収益寄付21年間も ニッケイ新聞 2007年12月15日付け  ブラジル霊友会(岡本ケンゾウ会長)は、十月二十八日に開いたバザーの収益金を今年も同会本部で慈善団体に寄付した。この善意は二十一年間続いている。 […]
  • 皇居勤労奉仕、小森氏は「報告したのみ」2003年11月25日 皇居勤労奉仕、小森氏は「報告したのみ」 11月25日(火) […]
  • グランデABC=将棋名人戦2008年7月26日 グランデABC=将棋名人戦 ニッケイ新聞 2008年7月26日付け […]