ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》印刷付き投票の下院承認は絶望的=必要票数には遠く及ばず=リラ議長は結果尊重訴える=大統領自身もあきらめムードか

《ブラジル》印刷付き投票の下院承認は絶望的=必要票数には遠く及ばず=リラ議長は結果尊重訴える=大統領自身もあきらめムードか

リラ議長(Najara Araujo)

 今週中に下院本会議での投票が予想される「投票結果の印刷付き電子投票(ヴォト・インプレッソ)」に関する憲法補足法案(PEC)の審議で、政府側の敗北が予想される中、同方式の強行採決を望んでいるボルソナロ大統領に、下院議長が結果を受け止めるよう促していると、9日付現地紙などが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ